サイクリング

自転車で北海道の海岸線を一周したときの旅装備まとめ

北海道海岸線一周時の旅装備まとめ

自転車で泊り旅をしようと考えたときに、「自転車を旅仕様にしなきゃ…」「荷物は何を持っていこう…」と悩まれる方は相当数いるのではないでしょうか。

私自身も北海道海岸線一周をした際に出発前日…いえ、直前まで悩んでいた口で、ああでもない、こうでもない…と悩み倒していました(^^;)

この記事では私が北海道一周をした際に使用した装備を思い出しながらまとめてみようと思います。少し長くなりますが、何か1つでも参考になれば幸いです。

旅装備(1)自転車と関連部品

自転車本体

自転車がないと旅は始まらないので各自ご用意下さい。私はサイクルベースあさひから販売されていたプレシジョントレッキング(プレトレ)を改良したものを使用しました(現在はオフィスプレストレッキングに改名

元々、元値が24,000円程度の街乗り主体のママチャリまがいな仕様だったので、旅目的の使用は想定されていなかったと思います。改良が趣味でもない限りは、ある程度完成された自転車がいいのかな。

でも、ただのママチャリで日本一周してしまう人もいますし(実際私の友人にも何人かいます)私も好きな自転車で好き勝手やった口です。この自転車にしたらいいよ!とおすすめすることはしません。

一応、私の自転車をベースに旅自転車について考えた記事を過去に書きました。興味がある方はあわせてご覧下さい。

プレトレを通じて旅自転車再考アイキャッチ画像
旅を通じて自転車選び再考―プレシジョントレッキングを例に―プレシジョントレッキング(プレトレ)という自転車に乗っています。買い物用途がメインですが装備を変えて長旅に出ることもあります(過去から現...

自転車に取り付ける部品

その上で最低限の話ですが、ダボ穴が付いていないとリアキャリアを取り付けることが出来ないので確認が必要です。私のプレトレもシートステー上側にダボ穴がありませんでした。

そこで下記にあげるダボ穴付きシートクランプでダボ穴を増設、ミノウラリアキャリア(MT-800N)とそれに取りつけ可能なテールランプで後ろの荷台周りの基本を作りました。

 ギザプロダクツ キャリア-ダボ付シートクランプ φ31.8mm
MINOURA(ミノウラ) リアキャリア ブラック MT-800N 
  キャットアイ テールライト REFLEX AUTO TL-LD570-R JIS規格適合 オートライト搭載

これでパニアバッグを取り付けられるようになったので、オルトリーブのシティという製品を購入しました。

完全防水なので水が染み込んでくる心配がありません。この手のバッグで防水でない製品も多々あるのですが、ストレス軽減の点から私は完全防水タイプを強くおすすめしたいです。

理由は簡単で、日本は雨が多いからです。

以前、私が自転車旅で使用するレインウェアと管理法についてという記事でも引用しましたが、”統計でみる都道府県のすがた2018”にある2016年の各都道府県の降水日数の平均を計算してみると122日という数値が出ました。一年の1/3程度は雨が降る可能性があります。

梅雨のシーズンはもちろんですが、峠を越えていて急に天候が崩れたなんてパターンもあります。自転車旅において水に濡れるというのは相当なストレスになります。

少しお金をかけて旅のストレスを軽減できるのならば、完全防水に投資した方が快適で楽しい旅を送れますよ。それと以下の製品。

長旅となるとパニアバッグだけでは荷物が入りきらないことがあります。このようなバッグを1つ追加することで収納容量を増やすことができます。

私はこのアウトドアドライバッグの中にキャンプ道具(テント関係、バーナーなど)を収納してリアキャリアの上に載せていました。

「このバッグ1つを自転車から取り外すだけでテント関係一式が組める」という状態にして運用していたので、雨、夕暮れどんな環境でも慌てることはありませんでした。

これら荷物をくくるロープがあるのですが、それら含めて以下に記事を示しておきました。

工具やパンク修理

工具

  • 携帯空気入れ(英・仏・米のどれか確認してね)
  • モンキーレンチ
  • ペンチ
  • タイヤレバー × 3
  • 六角レンチ
  • プラスドライバー
  • チェーンオイル
  • ビニールテープ × 1
  • リピートタイ
  • 針金(道中で買い足した)

パンク修理

  • パンク修理キット
  • 代えのチューブ × 2

私の自転車はナット式ということもあって少し工具多めになります。自分の自転車に必要なものを用意して下さい。

チェーンオイルはドライを持っていたのですが、「旅のときはウェットタイプの方が長持ちでいいですよ」と多数の方からおすすめされました。これには納得です。

針金は一緒に旅をした方にキャリア壊れたときとかにあると便利ですよと教えられて、100均で買い足しました。それに加えて個人的には繰り返し使用できるリピートタイが非常に便利でした。前カゴにコップや蚊取り線香を付けたりちょっとした時に活躍します。

パンク修理キットは以前から所持していたパークツール VP-1Cを持って行きました。実際に3000kmの工程のなかで、最終日水戸の近くでガラスの破片が突き刺さるトラブルがありました。最後の最後で面倒だったのでチューブ交換+タイヤの裏からパッチをあてることで対応しました。

パンク修理キットや代えのチューブは持っていても使えないと焦るので、使い方は事前に覚えておいて下さいね。

旅装備(2)キャンプ道具

  • テント
  • グラウンドシート
  • 銀マット or エアマット
  • 寝袋
  • ランタン

私の持ち物は上記の通りでした。中には軽量化を重視して寝袋とマットのみというつわものを何人か見かけましたが、超上級者向けだと思います。笑

私が使用したテントですが、モンベルのクロノスドーム2型という製品です。テントが傷付くことを防ぐ目的の下に敷くグラウンドシート(クロノスドーム2 グラウンドシート)もあわせて購入しました。

このテントは2人用なのでシュラフを2つ横並びにすることができる広さです。1人で使用すると、寝袋を広げたうえでパニアバッグ2つと防水バッグなど持ち物すべてをテントの中に入れても十分に余裕があります。

1人用のクロノスドーム1型という製品もあるのですが、テント内に道具を持ち込むことを考えると少し狭いかなと思います。装備品に加えて食べ物(夕食・朝食)やその他もろもろテント内に持ち込むことがありますから余裕があると安心ですね。

寝袋はモンベルのバロウバッグ#3を持っていきました。

自宅にあった中で一番温かいタイプです。北海道の夏の気候、寒いのか暑いのかが想像しづらかったので、寒い方に焦点を当てて持っていきました。暑い分には羽織ればいいわけですし。実際にこれで正解でした。

その年が特別涼しかったというのもあるのですが、北海道の夜は7、8月でも結構寒いんですよね。エクセロフト(化繊綿)ということでダウンに比べるとかさばるようですが、やけくそ旅だったので自宅であったもので何とかしました(^^;)

この他に、シュラフの下に敷くマットがあると防寒対策になります。銀マットか空気を入れるタイプのエアマットなどあるのでお好みで。私は腰を痛めることがあるのでエアマット+100均にある簡易銀マット(折りたたんでパニアバッグに収納出来る)の組み合わせにしました。

ランタンはオレンジ色(電球色系)だと雰囲気が出ます(笑)詳しくは以下の記事をどうぞ。

自転車旅照明アイキャッチ
自転車旅で使えた照明道具のまとめ【夜道・トンネル・キャンプ場】この記事では普段私が自転車旅で使用しているライト類についてまとめています。自転車旅においてライトの選択は重要です。自転車に取り付けるもの、キャンプ場で使用するもの、それぞれに操作・作業効率を上げるアイテムが多数存在します。私の所持している範囲ですが、ご紹介します。...

旅装備(3)細かいものもろもろ

料理

バーナーとコッヘルを1つ持っていきました。

この岩谷産業のジュニアコンパクトバーナーはガスボンベを接続すると簡単に火を起こせる優れもの。ガスボンベはコンビニで1本単位で手に入るので、その入手性という点からも使い勝手が良かったです。

コッヘルは1つだけ持っていきました。1つあれば湯沸し、簡単な調理(パスタ、ラーメンなど)は十分こなせます。

後は100均で売られている小さな容器にしょうゆ、塩、洗剤くらい入れておくと便利かな?それとスポンジですね。

服装

自転車移動用

  • ヘルメット × 1
  • アイウェア × 1
  • サイクル用グローブ × 1
  • アンダーウェア × 3
  • スポーツ用のシャツ × 2
  • タイツ × 2
  • スポーツ用ハーフパンツ ×2
  • 靴下 × 3
  • ひざのサポーター × 1
  • ウインドブレーカー × 1
  • レインコート × 1
  • サンダル × 1
  • スポーツシューズ × 1

普段着・寝巻きなど

  • シャツ(綿) × 2
  • 寝巻き下(綿) × 1
  • 普段着長ズボン × 1
  • 帽子 × 1

急な雨で濡れたりを考えると2着ずつあるといいのかなと思います。普段着、寝巻きは各自好きなものを用意したらいいと思います。サイクルジャージを着られる方は普段着を用意した方がいいかも?(気にしない方は大丈夫です)

靴は途中からKEENのサンダルのみとなりました。つま先も隠れるしほとんど靴みたいなものですね。2年経った現在でもほぼ毎日履いていますが非常に頑丈で壊れる様子がなく気に入っています◎

サポーターは1つ持っていると便利です。近くにお店のないところでひざを痛めたので、最初から持っておくべきだったと後悔しました(^^;)

綿の寝巻きは個人的にポイントでした。洗濯すると乾きづらいのですが寝心地は抜群ですね。

服装に関しては以下の記事に詳細をすべてまとめてありますので、興味がある方はあわせてご覧下さい。

アイキャッチ画像
【峠・旅】サイクリングの服装問題(サイクルジャージを着ない場合)サイクリングの服装って悩みませんか。短距離から長距離、日数によっても変化しますよね。私は短距離から自転車旅まで楽しむのですが、サイクルジャージは着用しません。今回は私が普段どのような恰好でサイクリングを楽しんでいるのか紹介してみたいと思います。...

その他思いつく限り

  • wi-fi仕様のiPad(写真用)
  • 充電器
  • ツーリングマップル & キャンプガイドの本
  • 歯ブラシ、歯磨き粉(トラベル用の)
  • 洗顔、ひげ剃り
  • 手ぬぐい × 2(風呂使用を想定)

iPadは写真撮影用です。重たいのですが写真を撮れるものが他に何も無いという悲惨な状況だったので気合で持っていきました。

充電器については以前作った記事が参考になると思います。

自転車旅の充電事情アイキャッチ画像
自転車旅における充電事情について【モバイルバッテリーなど】自転車旅で携帯端末の充電方法は悩みの種になりやすいです。モバイルバッテリーの導入は問題解決の大きな助けとなりますが、旅の日数・目的でバッテリー容量と重量のバランスを取ることが求められます。今回は私の経験を踏まえて自転車旅で便利な充電グッズを紹介します。...

本はツーリングマップル 北海道北海道キャンプ場ガイドの2冊を持っていきました。スマホあるし別にいいか…とも思ったのですが、結果的に上陸初日でスマホが壊れて以後心の友となることに。笑

ツーリングマップルはバイク乗り向けの地図ではありますが、コンビニの場所、観光から道路の細かな情報まで細かく記載されていて自転車乗りでも十分役立ちます。キャンプ場ガイドとセットで眺めれば困ることはまずなかったです。

まとめ

私も含め、あれこれ悩んでしりごみしてしまう方も多いと思うのですが、装備品選びに正解はありません。国内旅行だったら足りないものを途中で買えば大丈夫です。

私の友人に旅がしたくなって自転車と寝袋を持ってスタートした。途中でテントが必要だと気が付いてリサイクルセンターで購入したという人もいます。笑

シンプルに考えると自転車さえあれば旅は成立するので、納得のいく自転車を選んで、ある程度荷物を揃えたら思い切って飛び出しましょう。

非日常の世界へ…