ママチャリ(シティサイクル)整備録【4台分】

ママチャリ整備録アイキャッチ画像

私の手元にはママチャリ(シティサイクル)が4台あります。それら自転車たちの整備の様子を記事にしていたら、結構な数の記事が貯まりました。そこでこのページでは各自転車のスペックや投稿した記事のまとめを作ってみました。何かの参考になれば幸いです。

ただ1点だけ。自身の理解を超えた無理な整備作業は不必要な事故を起こすことがあります。その点だけはご注意下さい。

1.ママチャリ整備記事のまとめ(全車共通)

作業内容

過去に行った作業内容についてまとめました。過去に整備したママチャリは複数台ありますが、基本的な作業方法については同じです。難易度は私個人が感じた目安になります。

役立ちそうな内容

作業中に起きたトラブルなどで参考になりそうなものについてまとめました。

2.車体別整備・改良まとめ

2-1.ブリヂストン スケッチブック

基本スペック

26インチママチャリ
  • U字フレーム
  • 26インチホイール+タイヤ(タフロード)装備
  • 前カゴ付き(後ろは後付け)
  • フルチェーンカバー
  • 内装三段(+ピアノタッチレバー)
  • 後輪はローラーブレーキ装備
  • 後輪スプロケット16T

前輪のホイール交換、オートライト化からはじまり、本格的なママチャリ整備の実験1号機となった機体です。タイヤ交換によってグリップ力が大幅に向上し非常に乗りやすくなりました。その後、チェーン交換、リアハブの清掃・グリスアップとステップアップしていき、リアハブの快適性、静音性を獲得できたと思います。26インチの自転車は本機体のみですが、細道で小回りが利くため近場の買い物では最も使用頻度の高い自転車です。

2-2.ブリヂストン アルベルト 2003年モデル

基本スペック

アルベルト
  • L型フレーム
  • 27インチホイール+タイヤ(マイティロード)装備
  • ベルトドライブ
  • 前カゴ付き
  • ハーフチェーンカバー
  • 内装三段+(グリップシフト)
  • 後輪はローラーブレーキ装備(キャップが灰色)

ブリヂストンのアルベルトです。2004年冒頭に購入したとメモがあったので恐らく初期型と思われます(詳しい方いたら教えて下さい!)2019年現在で15年経過していますが、消耗パーツ以外ほぼノーダメージです。恐ろしい…。19年にタイヤと故障していたライトを交換しました。メンテナンスの必要が少なく大変優秀な自転車だと思いますが、ベルト式ゆえ漕ぎ手の環境に合わせてスプロケットの交換が出来ないところがたまに傷でしょうか。

2-3. ブリヂストン トレンディ27インチ

基本スペック

ブリヂストン-トレンディ
  • Wループ型フレーム
  • 27インチタイヤ(タフロード)装備
  • 前カゴ付き
  • フルチェーンカバー
  • 内装三段(+グリップシフター)
  • 後輪はローラーブレーキ装備
  • 後輪スプロケット16T

1台目スケッチブック、2台目アルベルトに続く3台目の整備機体です。3台目ともなると真新しい整備項目は減ってきていますが、作業の反復回数が増えてきたこともあってか作業時間は大幅に短縮されました。

プレシジョントレッキングの改良とその変遷――