パーツ交換

自転車の後ろカゴ容量比較!27Lと31Lを例に【ママチャリ】

後ろカゴ比較アイキャッチ画像

自転車の後ろカゴって便利ですよね。

トイレットペーパーやティッシュなどかさばるものが大量に載せられるので、買い物の強い味方です。

少し話は反れますが、後ろカゴには様々な容量や機能があるのをご存知でしょうか。自転車屋で実物を見てみると31L!27L!などと表記されていますが、これが分かりづらい。

「リットル表記はあるけど、実際どれだけ入るのかな?」

こんな疑問を持つ方がいてもおかしくないと思います。そこで今回は後ろカゴの容量比較をしてみました。実際に手元にある27Lと31L後ろカゴ搭載自転車を使用し色々な荷物を載せてみました。

自分に合った容量の後ろカゴを探そう!

比較する後ろカゴは27Lと31L

RBKST1.Aを搭載したブリヂストンスケッチブック26インチ  RBKST2.Aを搭載したダンロップ27インチ

今回は2つの後ろカゴを比較します。まず1つ目がブリヂストン スケッチブック26インチに積んだブリヂストン スタイリッシュリヤバスケット ライトグレー RBKST1.A

2つ目がダンロップ27インチに搭載したスタイリッシュ バスケット L ダークブラウン RBKST2.Aです。前者が27L、後者が31Lになります。

撮影時の遠近感で27Lの方が大きく見えますが錯覚です。汗

取り付け方はこちらの記事をどうぞ。

リアカゴ追加アイキャッチ画像
自転車後ろカゴの取り付け方法と工夫【ママチャリなど】自転車にリアカゴを追加する方法です。ママチャリやシティサイクルと呼ばれる自転車は本体の頑丈さが売りです。その特性を活かすべくリアカゴを追加することにしました。作業自体はプラスドライバーがあれば誰でも簡単に取り付けることが出来ます。...

4Lの差の目安はテッシュ1ケース分

では実際の比較ですが、てっとり早く分かりやすい写真を2枚。1枚目が27L、2枚目が31Lです。

27L後ろカゴにトイレットペーパー類を搭載して比較する  31L後ろカゴにトイレットペーパー類を搭載して比較する

まず、この2つのカゴの差である4L分はどれくらいなのかといえば、ティッシュ1ケース分をイメージしてもらえれば分かりやすいかなと思います。

―買い物でかさばるトイレットペーパー、テッシュ箱で比較した

今回、2つのカゴを比較するにあたって、買い物でかさばる代表格のトイレットペーパー、ティッシュ箱を組み合わせて調べてみました。

どちらもトイレットペーパー2袋分まで収めることができます。ただ、27Lはそこが限界で他の物を載せることはできません。

31Lリアバスケットにかさばる荷物を敷き詰めてみた

31Lは横幅にまだ余裕があるので、トイレットペーパー2袋にくわえて、さらにティッシュケースを収めることが可能です。

写真右下にまだ若干の余裕がありますから、もう少し荷物を載せることができそうですね。

27L後ろカゴRBKST1.Aについて補足

基本的に27Lカゴに入るものは31Lでも入ります。なので、27Lカゴでどれくらいのものが入るかもう少し画像を添えつつ説明したいと思います。

ケース1.トイレットペーパーを1袋にする

27L後ろカゴに荷物を詰めて比較-01

先ほどは限界を知るためにトイレットペーパーの袋を2つ載せましたが、毎回そんな使用環境ばかりではないでしょう。

トイレットペーパー1袋分をテッシュ箱に置きかえてみました。

 

27L後ろカゴに荷物を詰めて比較-02

後ろから見た写真です。割と左右ギリギリなんですよね。細長いものなら収納できる…かな?(^^;)

テッシュかトイレットペーパーどちらか1つならば、残りの空間に買い物荷物を載せることは十分可能です。

前カゴと組み合わせて買い物荷物を分散するなどすれば、27Lも馬鹿にならないですよ。

ケース2.園芸用の土は20L程度なら2袋はいける

27L後ろカゴに荷物を詰めて比較-園芸用品

これは共感者を得られるか分かりませんが(笑)園芸用の土なんかもかさばりますよね。

20L程度の赤玉や腐葉土の袋などは2袋は余裕で積むことができます。土を運ぶ程度では車は出さない主義なので後ろカゴが大活躍です。笑

 

ケース3.花を安定して運ぶことができる

27L後ろカゴに荷物を詰めて比較-花壇苗

引き続きお花シリーズです。後ろカゴは平べったく出来ていますから、花壇苗を運ぶのにも大変便利に使えます。

マックスまで載せたことがないのですが、3~3.5号(直径9~10.5cm)の花壇苗が最低6,7苗はいけそうです。

お店で袋なりに入れてくれるでしょうから、かさばりやすい草姿の部分が抑えられて実際はもっと入ると思います。

具体的な数値(スペック)で比較

なんとなくイメージがついたところで具体的な数値を見てみましょう。

単位(mm) 底面 上面 高さ 重量
  奥行 奥行 最大 最小 (g)
27L(RBKST1.A) 240 350 350 450 260 210 1490
31L(RBKST2.A) 270 350 350 450 280 240 1600

ブリヂストン公式HPより数値を引用しています(*1,2)

…分かり辛い(汗)写真を見てもらえると分かる通りで、カゴの手前と奥で形(長さ)が違うので寸法が複雑化しているんですよね。

この中で明らかなサイズの違いといえそうなのは底面の横と高さ(最大・最小とも)でしょうか。横の長さは30mmしか違わないようですが、上述の通り、実際にはティッシュ箱を載せられるか否かという違いになりましたね。

27Lのカゴでも若干の余裕があったのでその分とプラス30mmで違いが出たのだと思います。この容量の拡充を欲するかどうかは生活スタイルによって人それぞれといったところでしょうか。

まとめ

以上、自転車の後ろカゴの容量比較についてでした。

なるべく家庭的な荷物で試したつもりですが、○○はどれくらい載る??など疑問があればご連絡下さい。自分も興味があるので可能な限り試してお伝えしたいと思います。

今回比べた2つの製品は数値だとそこまで違いを感じませんが、実際に見比べてみると4Lの差は数値以上に大きく感じました。

―適切なカゴは人それぞれ違う

27Lと31Lのどちらがおすすめ?と聞かれると返答に困ってしまいます。

求める容量・目的は人それぞれで買い物の量、頻度、車の有無、家族構成など様々な条件が絡むからです。カゴ選びで迷ったら自分の生活スタイルを振り返ってみて欲しいです。

その上でですが、迷ったら大きい方を選ぶのはありだと思います。

今回比べてみて重量が100g程度しか違わなかったんですよね。住宅事情でなるべく小さいの!とかでない限り、大きいカゴで特別なにか不利になる要素ってないかなと感じました。

どちらも持つ身からすると、スリムが良ければ27L(もしくは他社のもっと小さいもの)安心感が欲しければ31Lって感じでしょうか。

参考にしたサイトや文献

*1 ブリヂストンサイクル株式会社 | スタイリッシュリヤバスケット(RBKST1.A)
*2 ブリヂストンサイクル株式会社 | スタイリッシュバスケットL(RBKST2.A)

プレシジョントレッキングの改良とその変遷――