クロスカブ110(JA45)

クロスカブとレインウェア、自転車用は使いまわせなかった話

オートバイ用レインウェア-アイキャッチ画像

先日、オートバイ用のレインウェアを購入しました。オートバイを購入してかれこれ1年間以上経過していますが、実は今まで未所持でした。

ここのところ友人たちに連れまわされることが増え、一度の走行距離が伸びるにつれてレインウェアの必要性を改めて感じます。

レインウェアって降雨の際はもちろんですが、防寒目的でも役に立つんですよね。

防寒対策としてレインウェアが使えることは、以前自転車で北海道海岸線一周の旅をした際に身をもって学びました。暑さは脱げばどうにかなりますが、寒さというのはどうにもならないんですよね。

そんな経緯もあって雨具、防寒具としても使えるオートバイ用のレインウェアを用意することにしました。

オートバイ用レインウェアを購入

ワークマンにてAEGIS R1300を購入

クロスカブ用レインウェア-ワークマンAEGIS-R1300

今回購入したのはワークマンAEGIS R1300 3レイヤー透湿ストレッチレインスーツです。上下セットで4900円でした。

以前、北海道の海岸線を自転車で旅した際、そこで出会ったバイク乗りの方に「いつかバイク乗るならワークマンのレインウェアいいので買って下さいね!」と言われたのが頭に残っていました。

サイズは3Lです。このサイズ選びがこの記事の肝なので、購入に至った背景も含め少し詳しく扱ってみます。

オートバイ用レインウェアはサイズ選びが肝心

自転車用レインウェアは主に上着のサイズが合わない

元々自転車用のレインウェアを所持していましたが、オートバイには適しませんでした。その主な理由はサイズ感です。

自転車用レインウェアは、AIGLEのレインウェアLサイズを所持しています。自転車、普段着用としてはぴったりで非常に使いやすく気に入っています。

AIGLEのレインウェア
私が自転車旅で使用するレインウェアと管理法について【ひと手間】日本って雨が多いですよね。サイクリング中に突然雨が降り出して困った経験をされた方も多いのではないでしょうか。体を冷やさないためにもレインウェアって大事だと思います。この記事では私が使用しているAIGLEのレインウェアの話とその管理法について扱いたいと思います。...

しかし、オートバイでこれを使おうとすると主に上半身が張ってしまい窮屈な感じがしました。

自転車とオートバイ衣類の大きな違いはプロテクターの着用の有無で、これが張りを感じる原因でした。特に肩まわり、胸まわりはパンパンです。

オートバイ用レインウェアを1着で済ませるならば冬用に合わせる

私の所持する自転車用レインウェアが不適と分かったので、オートバイ用を用意することにしました。

普段より大きめを選択する必要がありますが、私は一番大きな衣類(LLサイズ)の1サイズアップで3Lを選択しました。

私が着用するジャケットは2種類で、夏のフルメッシュジャケットLサイズと、秋~翌春の3シーズンジャケットLLサイズです。この後者の3シーズンジャケットに合わせました。

バイクジャケット2着で1年を過ごす-アイキャッチ
バイクジャケットは年間2着で乗り切る【クロスカブ生活】今回は私のクロスカブ生活におけるバイクジャケットの選び方、一例です。 オートバイに乗り始めると、はじめに色々なアイテムを揃えないといけ...

サイズは大きければ良いという単純な問題ではない点で注意が要ります。必要以上に大きいと風の抵抗を受けてしまうためです。

クロスカブ程度の小型バイクだったらそこまで気にする必要もないかもしれませんが、考え方としては知っておいた方がよさそうです。

耐水圧と透湿度

レインウェアを検討する際に耐水圧と透湿度という言葉が出てきます。

耐水圧はどの程度の水(雨)の圧力に耐えられるのか、透湿度は蒸れにくさを示す数値です。耐水圧の数値が高いほど水を防げる。透湿度が高いほど蒸れを防げるとなります。

私が購入したR1300は耐水圧20,000mm、透湿度3,000g/㎡/24hでした。

オートバイは速度の出る乗り物ですから、ちょっとした雨でも結構な威力でぶつかってきます。ある程度耐水圧が高めのものでないと染みてきてしまいそうです。

どの程度のものを用意すればいいかははっきりとは分かりませんが、私はこの製品で合っているようです。今のところ不自由なく使えています◎

改めてワークマンのレインウェアを観察する

AEGIS R1300の上着とパンツ

クロスカブ用レインウェア-ワークマンAEGIS-R1300上着

改めてワークマンAEGIS R1300を観察してみます。まずは上着ですが、赤色が映えていていいですね。雨の時は特に視界が悪いですから目立つ色にしました。

手持ちの衣類で一番大きいLLサイズの3シーズンジャケットの1サイズアップで3Lを購入しましたが、ストレッチ素材なのも相まって肩や胸に張りがなくてよい感じです。

夏用フルメッシュジャケットはLサイズですが、3Lの本製品を着用してもぶかぶかすることはなかったです。夏場は暑くて蒸れやすいですから、サイズは少し余裕があってかえって良かった気がします。

クロスカブ用レインウェア-ワークマンAEGIS-R1300パンツ

パンツはポケットがないシンプルな造りです。雨を防ぐことが目的なので余計なものはない方がいいのかもしれませんね。

足元にボタンが付いているので、それをとめることで足元を絞ることができます。

R1300は収納袋が付属する

ワークマンAEGIS-R1300収納袋比較

R1300には収納袋が付属します。自転車で使用していたレインウェア(真ん中)、ペットボトル(右)と比較してみました。

以前のレインウェアと比べると少し大きい感じがしますね。Lサイズから2サイズ上げているのでそれもあるのかな。

荷物は小さいに越したことはないですが、オートバイは自転車より積載能力がありますから許容範囲内かなと思っています。

ワークマンAEGIS-R1300収納袋

収納袋のとめ具部分です。くるくると巻いて両端のバックルでとめて固定します。

自転車のパニアバッグと同じやり方ですね。ひもがなくなったりしなくていいので個人的には好きです。私の場合はリアボックスに入れておくだけなのでこれで十分です。

オルトリーブ シティ
カゴ付自転車だけどオルトリーブのパニアバッグを装備させて旅仕様に自転車(プレトレ)にパニアバッグを装備させました。価格、機能、デザインなど色々とあって悩みましたがオルトリーブのバックローラー”シティ”で落ち着きました。この記事ではまずパニアバッグとはどのようなものか解説し、後半でシティの商品レビューをします。...

まとめ

以上、クロスカブとレインウェア、自転車用は使いまわせなかった話でした。

私は衣類を増やすことが好きでないので、できれば自転車用と共用できれば…なんて淡い期待を持っていたのですが、サイズ的にちょっと厳しいものがありましたね。

そもそも自転車とオートバイでは使用環境が異なりますから、速度の出るオートバイの方が耐水圧が高いものを選んでおいた方がよさそうですね。

その数値も一概にはいえませんが、私のような110cc小型バイク乗りならば耐水圧20,000mmでも十分いい感じです。速度の出るバイク(高速道路を使用される方)はちょっと分からないです。

今回新たに1着購入することにはなりましたが、満足いくものが買えてよかったです。クロスカブに乗る時はいつもリアボックスに入れるようにしています◎

プレシジョントレッキングの改良とその変遷――