自転車

旅用自転車のリアキャリアにLEDテールランプを取り付けた

CATEYE REFLEX AUTO(TL-LD570-R)を購入した

ママチャリのようなクロスバイクのような自転車、『プレシジョントレッキング(通称:プレトレ)』の旅仕様の改良が止まりません。

プレトレにキャリア(MT-800N)を装備して運搬力向上を図る!カゴ付自転車だけどオルトリーブのパニアバッグを装備させて旅仕様にを経て、リアキャリアとパニアバッグが装備され、荷物搭載能力が大幅に向上しました。

今回は後方の安全を確保するテールライトのお話です。上記2つの記事に既にチラチラと出ていたのですが、キャリアに付けるテールライトが今回のお話になります。

  • リアキャリアに直接テールライトを装備できないかな
  • 100均のテールライトから、一歩踏み出したいな!

そんなあなたにお届けします!
ちなみに記事の最後の方で購入したテールライトの弱点と対策方法も載せています。

この記事の内容(カゴチャリ貢献度:★★★★☆)

  • 旅用途には100均のテールライトは不向きだった
  • キャットアイ REFLEX AUTO TL-LD570-R
  • 弱点発見!その対策方法について

旅用自転車にLEDテールライトを取り付けた

シートポスト取り付け型のライトは旅用途に不適

まず、今までの話としてプレシジョントレッキング(以下プレトレ)には、シートポストに取り付ける100均のテールライトを付けていました。

100均(ダイソー)テールライトアイキャッチ
100均(ダイソー)テールライトの耐久性能強化を検討する100均(ダイソー)のテールライトを改良しました。ライトを取り付ける部品の付け根やネジの素材に不満があったので手元にあったパーツを利用して耐久性能を改善できないか試しています。今回は金属類の部品を追加することで問題の解消をすることができました。...

ところが、今回リアキャリア(MT-800N)を取り付けて旅仕様に改良したことで、後方への光が遮られてしまう事態が発生しました。

リアキャリアに荷物を載せなければ使用できるものの、旅用途としてはまったく使えそうにありません。

旅用途のテールライトとして、シートステー取り付けを考えたものの光が遮られてしまいそうだった

1つの案として、プレトレのシートステーに元々取り付いているテールライトと交換するということも考えました。

しかし、サイドバッグ(パニアバッグ)を取り付けると、やはり隠れ気味になってしまい後方からは見えづらいだろうなと感じました。

実はMT-800Nにはテールライトを取り付ける場所があった

リアキャリア(MT-800N)にはテールライトを取り付けることが可能

プレトレ本体(シートポスト、シートステーなど)にテールライトを取り付けようとするとリアキャリアとの相性が悪いことが分かりましたが、意外な解決方法がありました。

それはリアキャリア(MT-800N)に直接テールライトを取り付けてしまう方法です。

私のリアキャリアには、テールライトが取り付けるための穴が最初からあったんですよね。観察してみると、縦に2つ穴が開いているのでそこに取り付けることができそうでした。

ここならば一切の干渉がなく発光させることができそうです。

キャットアイ REFLEX AUTO(TL-LD570-R)を購入

CATEYE REFLEX AUTO(TL-LD570-R)を購入した

リアキャリアに直接取り付けることが出来ることが分かったので、それに合うテールライトを探しました。旅用途を兼ねるのでとにかく大きくて派手なものが良いですね。

色々探して、CATEYE REFLEX AUTO(TL-LD570-R)を購入しました。

CATEYE_REFLEX_AUTO(TL-LD570-R)のリアキャリアマウントの取り付け穴の説明

本製品にはリアキャリアに取り付けるためのマウントとねじが付属しています。すごく親切ですね。

取り付け方法は大きく分けると縦(写真ピンク丸)と横(写真緑丸)の2パターンあります。これはリアキャリアの土台の形状によって変わります。私の場合は縦長の土台だったので縦穴部分を活用しました。

これとは別にライトのロック穴(写真水色丸)があります。ライトを取り付けてこの部分にネジを取り付けるとロックされます。ただし、私の場合は別の方法でロックするので仕様しません。この方法は後述します。

キャリア(MT-800N)にテールライトを取り付けた

CATEYE-REFLEX-AUTO(TL-LD570-R)をリアキャリアに固定する際、ライトの裏側からネジを1本足してロックした

縦長の土台に対して取り付けを行う場合、基本的にネジを1本使用します(写真ピンク部分)。

これに加えてですが、私はライトの裏側からもネジを止めています(写真緑丸部分)。この部分をネジでとめるとライト本体がロックされて外せなくなります。

その際、付属のネジだと長いのでワッシャーと六角ナットを組み合わせて調整しています。短いネジを用意しても良いと思います。

CATEYE-REFLEX-AUTO(TL-LD570-R)のマウントの中央部分を裏側からネジで締めるとライト本体がロックされる

なぜライト本体がロックされるかというと、マウントに付いているライトを取り外すレバーの機能がネジで固定されて動かせなくなるためです。

この部分はプラスチック製で、あまり長いネジで圧迫すると割れてしまいそうだったので六角ナットで長さの調整をしました。

ライト本体のロックは、2つ前の写真のネジ穴利用が正規の方法ですが、個人的には今回の方法が好みです。ネジ2か所の固定でライト本体やマウントの安定性も増しますから一石二鳥かなと考えています。

CATEYE-REFLEX-AUTO(TL-LD570-R)を実際に使用した様子

取り付けたテールライトを実際に使用した様子です。以前改良したバーエンドLEDとセットで綺麗に光っています。

購入した当初、「大きくて悪目立ちするかな?」とも思ったのですが、実際に暗闇で光らせてみると私としてはちょうどいいと感じました。

車やオートバイの立場で考えると、速度の速い状態で自転車を認識しないといけないので大きめのライトの方が分かりやすいです。

人によって重さやデザインなど好みが割れると思いますが、私は安全が第一なのでこの製品をとても気に入りました◎

キャットアイ REFLEX AUTO(TL-LD570-R)の外観

TL-LD570-R説明-01   TL-LD570-R説明-02

まず実際に触ってみて横幅が結構あるなあと感じました。公式よりサイズは81.4 x 44.3 x 30.3mmです。横幅81.4mm(8.4cm)はなかなか主張が激しいですね。

私としては大きいものを求めていたのでビンゴでしたが、スマートなものを好む人は嫌がるでしょうね。

付属品として台座が2種類。シートポストに取り付けるタイプ(取り付け径:約ø21.5~31.8mm)のものと、キャリアに付けるものでした。

私みたいにリアキャリアに取り付けたい人用の台座も付けてくれているのでとても親切です。

TL-LD570-R説明-03   TL-LD570-R説明-04

REFLEX AUTO(TL-LD570-R)の内部です。単四電池2本で駆動します。

赤い反射板と電池含む基盤を収める土台は素手で簡単に分解ことができます。後述しますが、少し緩いかも…?

LEDは5個付いているのですが、そのうち一つがハイパワータイプとのことで後方にしっかりと主張がしたい私としては嬉しい仕様です◎

ちなみに赤い反射板と黒い土台の間にはゴムパッキンが挟まっています。このパッキンが傷まない限りは水が内部に浸入することもなさそうです。

REFLEX AUTO(TL-LD570-R)の細かな機能

オートライト機能搭載

REFLEX AUTO(TL-LD570-R)はオートライト機能が搭載されています。

明るさと振動に反応し発光をはじめるので、夜道はもちろんのことトンネルでも自動点灯します。外が明るければ、トンネルを抜けると自動で消灯します。

これは旅仕様の自転車には嬉しい機能だと思いました。重たい自転車を支えながら付けたり消したりするのは大変ですからね。

オートライト機能は振動静止後も50秒間は発光を続ける仕様なので、信号や一時停止時などもいきなり消灯しないあたり工夫されているなと感じます。

発光パターンが豊富

REFLEX AUTO(TL-LD570-R)は発光パターンが5つと豊富です。それぞれの発光パターンで以下のように電池の持ちが違うようです。

  • 点灯(約30時間)
  • 点滅(約100時間)
  • ラピットモード(約60時間)
  • ロングライフモード(約120時間)
  • パルスモード(約30時間)

発光パターンなんて常套、点滅、消灯くらいで良いかなとも思うのですが、大きな街で強めに主張したいとき、長旅でなるべく電池をもたせたいときなど、状況に応じて使い分けると良さそうです。

弱点発見!その対策方法について【追記1】

経験談:赤いライトカバーが外れやすい!

これは私の経験談なのですが、走行中に突然赤いライトカバーが外れました(^^;)
北海道一周中のできごとで、斜里の街の中をゆっくり移動していたときだったのですが、物が落下してカラカラッと弾む音がして気がつきました。

低速移動中でしたから紛失の難を逃れましたが、峠の下りなどでは分からないでしょうし、気づいても戻りたくないですね。汗

紹介のところでもチラッと書きましたが、赤いライトカバーは手で簡単に外せます。裏を返すと振動で外れやすいということなのかな…。

対策:結束バンドで固定する

繰り返し使用できるタイラップをテールライトに巻く-01

赤いライトカバーの脱落防止策として、私は結束バンドで固定するようにしました。結束バンドにも色々種類がありますが、繰り返し使える(取り外しができる)タイプのものがおすすめです。

 

 

繰り返し使用できるタイラップをテールライトに巻く-02

繰り返し使用できるタイプは、電池交換のときに外して終わったらまた縛って…ということが可能です。使い捨てにならず、結構強く縛ることができるので長旅のときはいくつか持っておくと便利ですよ。触角みたいに伸びているのは気になる方はカットして下さい。笑

 

このほかにも園芸用のビニールタイや針金など工夫次第でどうにでもなりそうです。タイラップは締め付けるとその都度カチッという音がするので、安心感はありますね。おすすめです。

テールライト取り付け完成図

最後に取り付けた画像です。触角がいい具合にダサさをかもしていますね。こうやって多少小汚くしておいた方が窃盗の被害は軽減されるかなという安易な考えもあったりします。タイラップで縛ったライトなんて誰も欲しくないでしょ(^^;)

 

まとめ

そんなわけで無事に取り付け、改良をくわえられました。

3回に渡って記事にしたリアキャリア、パニアバッグ、テールライトの後方アイテム三部作完結です。この中ではテールライトが地味ですが、自分の位置を知らせる命に係わるアイテムですから、ぞんざいに扱うことはできませんね。

自動点灯モードにしておけばトンネルに入った際に勝手に発光してくれるので、長旅の強い味方です。いつも書いていますが、いちいち止まったり、スイッチを入れたり、面倒なことを取り除いていくことがストレスを貯めないコツなんですよね。

クロスカブ生活、若かりし頃の夢を実現する