サイクリング

【北海道一周 道東編5】強風!野付半島の戦い【厚床→標津】

北海道13日目アイキャッチ

『北海道海岸線一周(13) 道東編5 -強風!野付半島の戦い【厚床→標津】-』

ー前回までのあらすじ(前回は【道東編4】厚床へ。牧場の横でキャンプをしよう!

根室を出発したもののひざの痛みが引かず。

思うように進むことが出来ずに苦戦、その日はあまりの痛みに40kmほど進んだ厚床でギブアップ。

厚床のコンビニで休憩をしていると、そこでバイク乗りの方と知り合う。その方に誘われて近くのキャンプ場に泊まることにしたのでした。

そのキャンプ場は牧場に併設された場所で思いのほか快適。いつもよりゆったりと時間を過ごして痛みで弱りかけたメンタルを取り戻すのでした――。

13日目…厚床より力の限りオホーツク海を北上する

牧場で迎える朝はさわやかですね。

ひざの痛みは変わらずといったところでしょうか。日も改まったことですし前進あるのみです。

バイク乗りの方は私が起きた頃には出発し、老夫婦の方はまだいらっしゃったので挨拶をして出発することとしました。

老夫婦の行先は私と似たような経路(標津→知床)だったので、またどこかで会うかもしれませんね。

北上するためにいざ出発

243号線を北上

243号線をのんびりの走ります。

平地ならひざが痛くてもまあまあ進めるかな…?

緑と水のコントラストが美しいですね。

244号線を北上

そのまま243号線を進むと内陸の別海町に到着します。でも私が目指しているのは海岸線。途中で海岸線側の244号線に外れます。

これはTHE 海岸線という感じではないでしょうか?穏やかそうに見えるでしょ?

実は強烈な向かい風で押し返されている最中です。涙

強風って怖いですね。ペダルを踏み込まないと進まないばかりか自転車がふられて倒れそうになります。ひざを痛めていると強風にこらえるだけでも相当な負担です。

熊出没注意!

追い打ちをかけるように熊出没注意(^^;)

時速10kmも出せていないわけで熊が出てきたら、逃げ場ないです。

別海10景「白鳥台」

さて、「別海10景 白鳥台」の看板が見えてきました。

大きなパーキングになっているのですが…。

 

 

道の駅「おだいとう」

道の駅「おだいとう」が併設されています。

トイレなどもありますから一旦ここで休憩することにしました。

 

 

雪みつソフトクリーム-01

雪みつソフトクリームを発見。

雪みつとは”別海町でホエイに砂糖とレモン果汁をくわえた練乳でもはちみつでもない新しいシロップです”とあります。

気になったので購入してみます。

雪みつソフトクリーム-02

パッと見、蜜がかかっているか分からないのですが、ちゃんとかかっているんですよ。

蜜の甘みが主張してくる分、ミルクソフトの甘みは控えめなのか?それとも蜜の甘みが強いのか。

個人的には王道のミルクソフトが好きですね。

道の駅おだいとう駐車場

道の駅おだいとうの駐車スペースです。

天気がよかったので綿のTシャツも干しだしました。笑

尾岱沼(おだいとう)周辺で悟った

強風に襲われ、ひざの消耗がいつもに増して激しいです。道の駅おだいとうの少し先にある尾岱沼(おだいとう)の町にキャンプ場があるので、今日はそこでよしとしようかと思ったのですが…。

痛みも頂点を通り越すと何も感じなくなることに気がつきました。

尾岱沼に差しかかったあたりで、急にひざの痛みを感じなくなったんですよね。ろくなもんじゃないと思うのですが、進めるときに進むか…と今日は前進することに。

エナジードリンクモンスター

とりあえず尾岱沼のセイコーマートでモンスターを購入してドーピングを重ねます。

いつもは緑を飲むのですが、黄色ははじめてです。白とかもありましたよね?

 

その先に用意されていたのは鬼畜なコースだった

先に進むと決めたわけですが、北海道海岸線ルールを張ったどこかのお馬鹿のせいで…。

現れるのは野付半島

244号線を北上し、標津の町ももうすぐだ!という手前、

やつ(半島)が現れます。

950号線という名を欲しいままにし、海岸線ルールに挑戦しよう者は有無をいわさず強制参加&南下させる恐ろしい半島である。

その長さ、全長約26km。往復…考えたくもない。

ここに来るまでも風が凄かったからね。たぶん襲われるでしょうね。

強風にさ。

野付半島攻略戦

天気がよかったのが救いですかね。強風を叩きつけられても寒くはないです。

野付半島を自転車で走る-01

オホーツク海をバックに写真をぱしゃり。

オホーツク海ってエメラルドグリーンのような色をしているんですよ。太平洋とはまた違った色味なんですよね。

ちなみに背景に山が連なっているのが見えるでしょうか?あれは前半戦最大の山場と思われる知床の山々です。野付半島からでもその迫力は十分でした。

野付半島を自転車で走る-02

このような道を20km近く永遠と走ります(^^;)

また別海町の看板が…、せっかく北上したのに!!!

野付半島を自転車で走る-03

ちょこちょこ休憩スペースがあります。

これは半島内側です。風は吹いているものの穏やかな感じですね。

野付半島石碑

道中、野付半島ネイチャーセンターという場所があります。

近くに石碑があるので記念撮影をしました。周辺に色々あるのですが、まずは半島の先端を目指してしまいます。

野付半島行き止まり

ここが自転車で進むことができる限界点です。

もう本当に何もありません。達成感と戻ることを考えたときの虚無感が半端ない(笑)

見向きもしないキツネ

キツネがいましたが、私のこと見向きもしません。

キツネ「自転車で来るとかこいつ暇だな」

 

 

野付半島に生息する鹿

奥の方に鹿がたくさんいるのが見えますか?雄雌が群れて行動していました。

みんな警戒してこちらを見ています。どことなくもののけ姫のシシ神を思わせます。

トドワラ号

ネイチャーセンターまで戻ってきました。

ネイチャーセンターからトドワラを見に行くことができるのですが、方法は徒歩か写真のトドワラ号(有料)に乗るです。

 

野付半島ネイチャーセンター

私はひざの調子を考えて、行かなかったのですがネイチャーセンターの前に模型?のようなものが置いてあったのでそれで満足しました。笑

 

 

野付半島の自然-01

帰り道は主に半島の内側(野付湾側)を撮影しながら帰ります。

自然が美しく走っていて気持ちがいいです。風さえなければ。汗

野付半島の自然-02

一見淡水のような感じがしますが、海水が流れ込んでいるって認識でいいんですよね。

トドワラもトドマツが海面上昇ないし地盤沈下+海水の浸食で立ち枯れ風化したものと頭では理解できても、実際の風景を見るとあれ、ここ川??とか思っちゃいます。

野付半島の上空を舞う鳥の大群

???「エヴァシリーズ、完成していたの?」

鳥って結構怖い存在かもって思うときがあります。浦幌でも軽快に食べ物を盗られましたし。

それ以前に昔、アルフレッド・ヒッチコック監督の鳥という映画がありまして。いや、これ以上はやめておきます。笑

244号線に合流

やっとこさ戻ってこられました。244号線の文字を見ると安心しますね。

ついでに知床峠のおひざ元の斜里(しゃり)、羅臼(らうす)の文字も見えます。

今日は標津(しべつ)という町まで行くことにします。

しべつ海の公園オートキャンプ場

しべつ海の公園オートキャンプ場にやってきました。

近くに釣りをするスポットとかもあるみたいで、これは車できた人の大勝利って感じがしました。釣りしたかったなー!

風が強烈でテントを張るのに苦労しました。今まではロープを張らないことが多かったのですが、今回ばかりは吹き飛ぶので必須。

色んなところでテント張らないと設営スキルは見につきませんね(^^;)

公衆浴場くすのき

途中、町のコンビニでご飯を食べつつ、公衆浴場くすのきにやってきました。

ここで厚床の牧場で知り合ったキャンピングカーの老夫婦の方と偶然再会!

 

野付半島行きながらここまできたと言ったら「よくやるねえ」って笑ってました。笑って頂けると頑張った甲斐があったというものです(^^;)

13日目まとめ

北海道13日目終了

北海道13日目 99.55km走行(積算距離:816.88km) / 全行程15日目(944.91km)

野付半島は良いところですね。

最初はひざの痛みもあって嫌々進みましたが、すぐに気持ちが入れ替わりました。自然が自然のままで本当に美しいところです。

強風、強風と書きましたが、現地の空気や風を肌に直接受けて自転車で進んだことに意味があったかなと思います。

しかし風とたわむれた1日でした。

たわむれたなんて生やさしいものではありませんでしたが、ひざの痛みは限界を突破すると無痛になるということが分かった1日でもあります。天井こえると100km程度いけるものですね。

ただいうまでもありませんが、テントを張って風呂に入った頃に痛みは遅れてやってきます。もろ刃の剣というか…(^^;)

さて、記事の中で少しだけ触れましたが、とうとう知床がその姿を現しました。知床峠を越えないと先へは進みません。決戦の日は近い…!

次回は【道東編6】静かにそびえ立つ知床峠を越えて【標津→ウトロ】

非日常の世界へ…