サイクリング

【北海道一周 道東編4】牧場の横でキャンプをしよう!【根室→厚床】

北海道12日目アイキャッチ

『北海道海岸線一周(12) 道東編4 -牧場の横でキャンプをしよう!-』

ー前回までのあらすじ(前回は【道東編3】本土最東端到達!納沙布岬とポニーと【根室】

本土最東端にあたる根室の納沙布岬に到達しました。

行き道は太平洋側を通り、帰りはオホーツク海側を経由します。根室に戻る途中、北方原生花園という場所に立ち寄ります。

そこではポニーが放牧されていて、間近で観察することができたのでした。

その後根室に戻り一晩を明かします――。

12日目…足を痛めても前に進む

根室から厚床方面に向かう

朝になり準備を整えたら自転車に乗るわけですが…。

…足の痛みが昨日より酷い。汗

歩いているだけでひざに激痛が走ります。

これ病院行った方がいいんじゃないか…って気もしたんですがスマホは故障中。笑

痛めてしまったものは仕方ないということで、無理せず進みます。

44号線を走りながら厚床方面に向かうのですが、相変わらず坂道地獄。申し訳ないですが、上り坂のほとんどは押しました。

走っていて思ったのは、踏み込むより引く足の方が痛いらしいということ。頑張って踏み込んで油断したところに引いて痛みがくるという…。

平地はちょっと漕げばそれなりに進むので、左足中心でがんばりました。下りは乗っているだけ、のぼりは諦めました。押して歩くだけでもきついです(^^;)

さて、えっちらおっちら進むと…。

スワン44ねむろ正面

道の駅「スワン44ねむろ」に到着です。

44は48グループ的なノリじゃなくて44号線上にあるからですよね…うん。笑

根室十景「白鳥の風蓮湖」

スワン44ねむろは風蓮湖の横に位置しているので、湖の観光もできます。

静かなところで落ち着きますね。

タンチョウの生息地

風蓮湖の看板周辺を歩いてみると、タンチョウの生息地ですという看板が現れました。

私は残念ながらタンチョウを見ることが出来ませんでした。

さて、足が痛くて仕方ありません。道の駅のなかで少し休憩しようと思い入っていくと、ソフトクリーム販売の看板を見つけました。

ソフトクリームの販売看板

ここではなんとびっくり大盛りソフトクリームが販売されています。笑

これは…買うしかねえ!!!

大盛りのソフトクリーム400円

迷わず大盛りをいったのですが、椅子まで歩いていたら家族連れの方に笑われました(^^;)

イイダロ!タベタイモノヲタベタッテ!!

比較するものがなくて分かりづらいのですが、このソフトクリームの大きさはなかなかデカいです。味が濃厚というのもかさなって食べごたえ抜群ですね。

巨大なソフトクリームって子供の頃の夢の1つではないですか?(笑)スワン44ねむろにきたらぜひ。

243号線の手前で

厚床の町に着くと釧路方面に続く44号線と、北上するための243号線に分かれる交差点が現れます。

交差点の少し手前にセイコーマートがあったので、そこでちょっと休憩です。

自転車を止めるとコンビニに駐車中のバイク乗りの方に話しかけられました。彼は1人旅をしている途中のようでした。その方も北上を目指されているようで、道のりが一緒ですね。

「足傷めちゃって困っているんですよねえ。」

「あ、だったら近くに牧場が経営しているキャンプ場ありますよ、僕そこ行くので一緒にどうですか?」

「おお、いいですね!(助かった!笑)」

243号線入ってすぐのところにあるようで、電話をしてみたら空きがあったので予約しました。

あとで牧場で飲みましょうってことでコンビニでお酒とつまみを購入。酒があると分かれば足の痛みなんて…ね!笑

とりあえずバイクの方とは先に行っていますと、ここで一旦お別れしました。

スーパーカップ1.5倍キムチ

私はお腹が減っていたのでスーパーカップ1.5倍のキムチラーメンを食べました。

北海道で食べるカップラーメンは美味しいな~。

 

 

K'sデンキ最寄りの看板

交差点近くにあった看板なのですが、ケーズデンキ最寄りのお店のお知らせです。

根室店30km、中標津店(なかしべつ)45km…(^^;)

こちらの感覚的には池袋、新宿間(約5km)くらいのイメージなのかなあ…。

243号線の道

教えてもらった牧場に向けて243号線を進みます。

飛行機が離着陸できるんじゃないかというくらいまっすぐな道でした。坂は少しだけあってひざはきつかったですが、ゴールが近いので頑張ります。

明郷伊藤☆牧場

明郷 伊藤☆牧場の入り口を発見!

大きな看板が出ているので迷うことはありません。中は砂利道なのでパンクしないように押して歩いた方が良さそうです。

 

キャンプ場は築拓(ちくたく)キャンプ場というのですが、受け付けは明郷 伊藤☆牧場内の「ちいさな雑貨屋Étable  &  酪農喫茶GrssyHill」で行います。

>>築拓キャンプ場(*1)

>>明郷 伊藤☆牧場(*2)

入場料700円、テント一張り800円とやや割高に見えるのですが…。

  • シャワーあり(備品なし)
  • 洗濯機あり(洗剤は自分で)
  • 炊事場綺麗(お湯も出る)
  • ごみ捨て場あり
  • トイレ綺麗
  • 一日10組限定なのですごく静か

これがめちゃくちゃ快適なんですよね。北海道でお世話になったキャンプ場のなかでも印象に残っています。

快適な築拓キャンプ場(伊藤☆牧場)

明郷伊藤☆牧場-01

ね?この写真だけでも良さげな写真が伝わってきませんか??

この日はコンビニで知り合った方と私、キャンピングカーでお越しの老夫婦の3組だけだったので静かの境地といいますか。笑

みなさん目的それぞれで雑談していてすごく面白かったです。

明郷伊藤☆牧場-01

結露防止のため大きな木の下にテントを張りたいのですが、ここは木があふれていたので探す苦労はなかったです。

いい写真のはずなんですけどねーーーコンビニ弁当も写しちゃう辺りが意識低いんですよね(^^;)

明郷伊藤☆牧場-03

バランスボールのようなものがたくさん置かれています。子供いたら楽しいでしょうね。

いや、私だって足の怪我さえなければ…!

明郷伊藤☆牧場-04

洗濯ものをしたのですが干す場所がよく分からなかったので、柵にかけておきます。速乾性の服ばかりなのですぐに乾きますね。

 

 

明郷伊藤☆牧場-05

乳しぼり体験だそうです。

夕暮れ、夜あたりに懐中電灯の先にもわっと現れるとびっくりします。笑

明郷伊藤☆牧場-マメちゃん-01

受付の横に住んでいる犬のマメちゃん。

小屋の使い方を間違えていますが(笑)暖かいんでしょうねえ。

明郷伊藤☆牧場-マメちゃん-02

近づいたら起き上がってくれましたが、小屋から降りる気はないようです。笑

可愛くてずっと見ていられますね。

厚床でみた夕陽

伊藤牧場近くで見た夕日です。

ふと、夕日を落ち着いてみたのっていつだったかなあって思いました。

足の状態がいいと日が落ちるぎりぎりまで走ろうって考えがちなんですよね。でも、急いだところで何もいいことはありません。実際、夕日を見ることすら忘れていたのですから。

今回の足の怪我で、もう少し余裕を持ってまわりを見なさいということを教えられた気がします。

バイク乗りの方と飲み会をした

北海道限定サッポロクラシック

バイク乗りの方とベンチで飲み会をしました。

なぜ北海道へ?と聞くと「少し飛び出したくて」と。私を含めて皆さん似たような考えで安心します。関東でそれ言ったあかつきには旅より先に病院を紹介されますからね(^^;)

飛び出す行動が良いのかは人生が終わってみないと分かりませんが、一人身だったら動いたもの勝ちなところありますからね。あとは野となれ山となれ。

ちなみにその方は静岡の方から来られたようで地元の話がすごく興味深かったです。国道と街の栄え方とか今まで意識したことなかったので、見識が広がりました。

久々に精神的にゆったりできました。怪我の功名とはまさにこのこと。

12日目まとめ

北海道12日目終了

北海道12日目 42.43km走行(積算距離:717.33km) / 全行程14日目(845.36km)

根室から厚床に進みました。

距離にすると42.43km。日に日にその距離が少なくなっています。

しかし足を痛めて、自転車を押したりなんだりでこの距離なので、すごく時間がかかっているんですよ。

普段なら時速20km程度で2時間程度のものが、その何倍もかかっているんです。なんてことない道も時間ばかりかかってしまうのが情けないところでした。

さて、牧場のキャンプが思いのほか楽しくてリフレッシュできてよかったです。精神面に大きくプラスに働いたと思います。

明日からオホーツク海を本格的に北上することになりそうです。

参考にしたサイトや文献

*1 築拓キャンプ場HP | 築拓キャンプ場
*2 明郷伊藤☆牧場公式HP | 明郷伊藤☆牧場 

 

非日常の世界へ…