サイクリング

【北海道一周 道東編3】本土最東端到達!納沙布岬とポニーと【根室】

北海道11日目アイキャッチ

『北海道海岸線一周(11) 道東編2 -本土最東端到達!納沙布岬とポニーと-』

ー前回までのあらすじ(前回は【道東編2】根室まで続く坂道地獄に苦しめられて【霧多布→根室】

太平洋シーサイドラインを走りながら霧多布岬で一晩を過ごしました。

翌日、霧多布岬を徒歩で散策します。

その日は根室の町まで行こうと決め自転車を漕ぎだしますが、立ちはだかるのは太平洋シーサイドラインの坂道地獄。

えりも岬で痛めた足(ひざ)に違和感を覚えつつ、何とか根室の町に到着したのでした――。

11日目…日本の本土最東端へ行こう!

悪夢再び

根室はゲストハウスTOMAYAにて起床しました。

起きてみて体を起こすより先に体の異変に気がつきます。やはり右ひざを痛めたようです。

何もしないでも傷むので自転車に乗ることはちょっと怪しいなと思ったのですが、前に進まないことには始まらないのでとりあえず出発することにしました。

日本の本土最東端の地、納沙布岬(のさっぷ)へ

納沙布岬に行くにあたり、太平洋側を通っていくかオホーツク海側を通っていくかの2つの道があります。

私は行きは太平洋側、帰りはオホーツク海側を通ることを選びました。

太平洋側を通って納沙布岬まで到達すれば、北太平洋シーサイドラインが完結します。なので早々に葬り去りたかったという思惑があります。笑

根室から納沙布岬までだいたい20km程度の距離なのですが、根室の町を出発するとすぐに自然が多くなってきます。

根室に咲く花

この花はなんだろう…?

また調べて分かり次第追記しますね。

 

 

根室-北方領土問題の看板

根室の町に入る前あたりから感じていたのですが、この周辺は北方領土が近いのでその問題の色が強く出ています。

この問題は決して他人事ではなく、私自身問題を忘れているわけではありません。でも、関東で生活する私とは物理的な距離、そしてそれ以外にも危機感というか緊張感の違いを強く感じました。

地元の方と話していても考え方がしっかりとされていて、自分って日本の何を知った気でいたのかな…って打ちひしがれました。

最東端祭りのはじまりだー!

珸瑤瑁郵便局

さて、まず現れましたのは珸瑤瑁郵便局(ごようまいゆうびんきょく)です。

きちんと日本最東端の郵便局を売りに出していますね。笑

日本最東端のお店いたがきの看板

本土最東端の商店も現れました。

限定の本土最東端ガラナが売られいているそうなので、興味がある方はぜひ。笑

日本最東端のお店いたがきのお店

ちなみにお店の全体風景はこのような感じでした。

こちらには本土最東端系装飾はしないんですね。

 

 

朝日に一番近い街根室のオブジェ

「朝日にいちばん近い街 根室」

日本最東端の地ですから、朝日と大地の距離がもっとも短い(一番最初にみられる)ということですか。素敵なキャッチフレーズですね。

納沙布岬周辺に到着

納沙布岬が見えてきた!

”岬”とついているので例によって坂道地獄を想定していたのですが、意外と平坦な道が続きました。それと民家が多い印象です。

望郷の塔オーロラタワー

遠くに望郷の塔オーロラタワーが見えてきました。

納沙布岬がすぐそこであることが分かります。

 

 

納沙布岬入り口

さあさあ、納沙布岬に到着しました。

まずはアーチがお出迎えです。でっかい!!

納沙布岬の碑

少し散策すると、ありましたありました。

こういう記念碑の前で写真撮ると到達した感が出ますよね。自転車だと余計に感じます。笑

というわけで日本(本土)最東端の地、納沙布岬を攻略しました!!

納沙布岬周辺を散策する

納沙布岬お土産屋

納沙布岬にお土産屋さんがあるので、そこに自転車を置かせてもらいました。

お土産屋さんで納沙布岬産の昆布が売っていたのですが、今思えば買っておけば良かったかなあなんて思っています。

○○産昆布って各所で見かけるのですが、その土地を離れると見かけなくなるんですよね。空港などでみかけるのは有名な日高昆布とかが多いので、興味を持ったらその場で購入することをおすすめします。

根室市北方領土資料館

根室市北方領土資料館がありました。

入館は無料です。乗り物の待ち時間とかあればその間に入ると良さそうですね。

私は足の痛みを抱えながら根室まで帰らないといけなかったので、今回は入りませんでした。

>>根室市北方領土資料館(*1)

納沙布岬を散歩する

納沙布岬の先の方までいくと灯台があります。灯台まで探検するのが岬探索あるあるになってきていますね。笑

バイクで1人旅をされている方が写真お願いできますか?と話しかけてくれたので、お互いに撮りあいっこをします。

こういうのも1人旅同士ならではですよね~!

納沙布岬野鳥観察舎

灯台の横に野鳥の観察舎が隠れていました。

鳥がたくさん飛んでいるのは確認できるのですが、いかんせん名前が分からないですよ。判別できたら楽しいんだろうなあ。

 

納沙布岬野鳥観察舎ルール

マナー(静かにする、ゴミは持ち帰る)を守って楽しく観察しましょう!

 

 

納沙布岬野鳥観察舎内部

ちなみになかはこんな感じです。

窓の部分に上下1枚ずつ白い板があるのが分かりますか?これを開閉して鳥を観察するみたいです。

 

だいたいどんな鳥がやってくるのかという写真が飾られています。私みたいな鳥初心者でも安心ですね。

納沙布岬に帰る道

灯台からの帰り道です。ぽつらぽつらお店があるんですよ。

根室の夏場は花咲ガニが有名だそうですよ。お土産屋、魚屋さんなどいたるところで見かけました。

鈴木食堂

鈴木食堂というお店を発見。サンマ丼が有名だそうです。

ちなみにこのお店はライダーハウスが併設されているんですよね。ちょっと気になったのですが、まだお昼だったし根室までは帰られるかなあと思って通過してしまいました。

自転車旅だとこういうところも運(縁)が絡みますね。

納沙布岬トイレ

そういえば納沙布岬のお土産屋のそばには立派なトイレがありましたよ。

この情報果たして必要か分かりませんが、一応。

 

 

納沙布岬ポスト

一通り観光を終えたのでそろそろ出発するかと自転車に戻ると…。

隣にあった郵便ポスト、実は日本最東端ポストだったようです。笑

根室への帰り道を示す看板

帰り道にご丁寧に案内板が。

写真でいうところの左(太平洋回り)からやってきたので、今度は右回り(オホーツク海回り)で回っていきます。

北方原生花園…?ちょっと面白そう!

海岸線オホーツク海編がスタート

オホーツク海側を通り根室の町に戻る

納沙布岬オホーツク海側

根室から納沙布岬までの道ですが、太平洋側は民家が多い印象でした。しかし、オホーツク海側は自然であふれていて印象が随分と異なります。

北方原生花園

似たような景色が続いていたのですが、突然「北方原生花園」の文字が現れました。

自転車は適当に置いておけるので、鍵だけ締めて徒歩で進みます。

 

>>北方原生花園(根室振興局)(*2)

北方原生花園入り口

ちなみに入り口はこんな感じです。鍵を開けて入って、また締めてのセルフサービス式です。

先客の方が歩いているのが見えますね。

さて、なんで鍵が必要なのかといいますと…。

 

北方原生花園注意書き

なんとポニーが放牧されているんですね~!

道路に出ないように鍵をしっかりとして下さいという意味だったわけです。

ポニーには会えるかな…!?

 

この北方原生花園は永遠と木道が続いていまして、その上を歩いて先に進みます。ものすごく長くて途中で引き返してしまったのですが、全貌がどの程度のものなのか私もよく分かりません。汗

ハマナスの花

花園というくらいなので花も咲いていますよ。

ハマナスの花が咲いていました。この旅行中はじめてみたのかな。

 

 

北方原生花園のポニーたち

いましたいました!

みんなで元気よく草を食べています。人間が近くにいても驚かないんですねえ。

北海道で馬は何度も見かけたのですが、近くでみると想像以上に大きいんですよ。それに比べるとポニーは小さくて可愛いのですが、近づきたいかといわれると…うーん。笑

北方原生花園のポニーの親子

木道を横切るポニーの親子です。

子供が木道にうまく乗れなくて、親が待ってあげている姿が印象的でした。

助けないで待つというのがいいですね。いつかは自立しないといけないわけで。

北方原生花園のポニー

ポニーに木道を塞がれたので(笑)、帰ろうかなと帰路をいくと木道の真横でお食事中の黒ポニーがいました。近くで見ててもこちらのことなんてお構いなし。

そのふてぶてしい態度は見習いたい…!

 

納沙布周辺の乳牛たち

根室近くに乳牛がたくさん放牧されていました。

もう何度もみた光景ですが、動物たちの動きが穏やかなのでこちらも気持ちが安らぎます。

日本最東端の癒しの空間

癒しの空間だそうですよ。

これはもしかして日本最東端のラブh…

 

 

根室に戻ってきた

明治公園のサイロ

根室に戻ってきました。

ここは明治公園という場所なのですが、日本の歴史公園100選にも選ばれている公園らしいです。3基のサイロと草の感じが絵になるんですよねえ。

>>明治公園(根室市HP)

さて、足の痛みもひどく、ちょっと栄養をつけたいなと思いましてやってきたのは…。

回転寿司花まる

回転寿司「根室はな丸」です。

>>根室花まる(公式HP)

東京は丸の内にお店を出店して話題になっていたのは知っていたんですよ。丸の内に縁がない人間なので行かなかったけど。笑

それがまさか根室に来て食べに行くチャンスが訪れるとは…!

根室花まる本日のメニュー

回転寿司ではありますが、最初におすすめメニューも渡されます。

釧路、根室産とか松前産とか書かれるとやっぱり気になりますね。笑

根室花まる-01   根室花まる-02

全体的に新鮮で美味しかったです。

自転車乗っていて腹痛起こすと笑えないので、なまものは避けていたのですが今日ばかりは思いっきり食べられた気がします。

さて、根室でもう一泊となりそうなのですがまずはお風呂。

根室たから湯

せっかくなので昨日とは違うところにしようかなと思い「たから湯」を訪れました。

お風呂で足をのばすと、足の痛みが昨日より酷いことがはっきりと分かります。明日から根室を離れて自然の中を行くことが多いのでちょっと不安ですね。

さて、この日は…公園野宿となりました。汗

11日目まとめ

北海道11日目終了

北海道11日目 52.67km走行(積算距離:674.90km) / 全行程13日目(802.93km)

とうとう本土最東端の地を踏みました。

しかし地図を見てみるとまだ1/4くらいですかね。汗

先をみるときりがない話ではありますが、1日1mでも進めばいつかは苫小牧に戻ります。継続がもっとも大切であるということをこの旅で教えてもらっています。

次は日本最北端を目指していきますが、その前に知床峠を攻略しないといけません。

果たしてそれまでに足の状態は回復するでしょうか…?

参考にしたサイトや文献

*1 根室市公式HP | 根室市北方領土資料館
*2 根室振興局 | 北方原生花園(根室振興局)
*3 根室市公式HP | 明治公園
*4 根室花まる公式HP | 根室花まる

非日常の世界へ…