サイクリング

【北海道一周 道央編6】釧路の街に到着して道央編完結!【浦幌→釧路】

北海道8日目アイキャッチ

『北海道海岸線一周(8) 道央編6 -釧路の街に到着して道央編完結!-』

ー前回までのあらすじ(前回は【道央編5】復活!十勝川をわたり浦幌へ【大樹→浦幌】

足の怪我、休養を経て大樹町から無事に再スタート。

体のならしも含めて80km程度進み、浦幌町に到着しました。

そろそろ釧路の街が射程圏内に入ります。道央編も今日で最終回かというときに……?

8日目…朝からテンションの下がる1日

うらほろ森林公園を散策

起床して朝ごはんを食べます。バーナーでお湯を沸かしてお茶を飲んだのですが、これがまた美味しい。毎朝の日課になりそうです。

ちなみに持ち歩いているのはおーいお茶 プレミアムティーバッグ 50袋です。

ご飯を食べて少し散歩をすることにしました。

うらほろ森林公園は名前の通り公園施設です。キャンプ場のほかに野球場や吊り橋、アスレチックなど子供たちが遊べる様々な遊具が設置されています。

例えば…。

うらほろ森林公園-サッカー場

大きなサッカー場がありました。

まだ朝だというのにサッカー少年たちが練習に励んでいます。

うらほろ森林公園-吊り橋入口

吊り橋の入り口。

近づいてみるとかなり高いところに作られていて、これが結構本格的な出来なんですよ。吊り橋までは目の前にある階段を上ります。

うらほろ森林公園-吊り橋

吊り橋の様子です。私は高いところが苦手なので恐る恐る渡りました。

うらほろ森林公園-吊り橋からの風景01   うらほろ森林公園-吊り橋からの風景02

吊り橋から撮った写真をどうぞ。高さで震えてしまってピンボケを連発するという(^^;)

うらほろ森林公園-アスレチック

キャンプ場の近くにアスレチックがありました。大人たちが料理している間、子供はここで遊んでいるのかな…?

いつかはくると覚悟していた

さて、キャンプ場にはフリーサイトのほかにバンガロータイプの場所があります。

うらほろ森林公園-小川

バンガローの場所に行くにはこの小川の板を渡って向こう岸に行く必要があります。小川にも板が渡してあるのが見えますか?

魚でもいるかなーって小川にかかった板のところに向かったのですが…。

うらほろ森林公園-ヘビ01

※クリックで拡大しますが、ヘビ苦手な方は注意!

階段の隙間にとぐろを巻いたヘビが…でかい…。

 

 

私は地球上で生活する生物のなかでヘビが一番嫌いです。もう全身鳥肌が立って硬直状態になりました。

恐る恐る後退し、向こう岸に行くか行かないか考えます。このヘビがいたのは階段の左端。つまり右端を通ってヘビに近づかなければ大丈夫、大丈夫。

いけるいける!!大丈夫!!

うらほろ森林公園-ヘビ02

※クリックで拡大しますが、ヘビ苦手な方は注意!

右側にもう1匹いた…でか…。

そういうのいらないから!!!!!!!!!!

 

もー、目に入った瞬間、腰を痛めるんじゃないかってくらいのけ反って変な声が出ました。しかも、右側にいるヘビは今すぐにでも動きだしそうな態勢じゃないですか。

近づいたらやられる…噛まれる…巻きつかれて足が壊死する…まず見た目が無理…(相手を知ろうともせずただ嫌う典型的な駄目思考)

2匹のヘビに守られたこの階段は私には攻略不可能で、バンガローを見に行くことは断念となりました。

その数分後、バンガローからその小川に向かう家族連れが見えて、直後にお母さんと思われる方の悲鳴が2回聞こえました。あれは至近距離でヘビ2匹見つけましたね(^^;)

釧路に向けて

上記ヘビの一件でテンションが底に達していました。

とりあえず景気づけに食パンを1枚食べるかとパクついていたのですが、ほんの一瞬油断したらカラスが飛んできて袋に入っていた残りのパンを奪われました(^^;)

も~~~、野生の動物たちが襲い掛かってきます。平和ボケしている自分が悪いんですけどね。

ところで北海道のカラスって身が引き締まって無駄がない気がするんですよね。都会みたいにそこら辺にゴミ箱が転がっているわけじゃないから過酷な分強いのかな。

根室線の線路と自転車

さて、出発してしばらくすると線路を発見。

ここを通る電車は根室まで続くようです。私の行先とかぶるので、これから何度も見かけるかもしれませんね。

国道38号線を走り続けるとトンネルの登場。計3つあるようです。

写真に写っているのは直別トンネルです。自転車を通すことは考えていないと言わんばかりの車道の狭さ。後方の車を確認しつつ、車の流れが切れた瞬間をみて一気に抜けてしまいます。

テールランプやランニングライトを忘れずに使用しましょう(>>自転車旅で使えた照明道具のまとめ

道が開けて海が見えた

トンネルを抜けて少し走ると開けた道にでました。

角の生えた大きな鹿が飛び出してきてびっくり。

この日も天気が良かったので景色最高でした。魔女の宅急便の海の見える街をBGMで流したくなりますねえ~。

道の駅しらぬか恋問

道中、道の駅「しらぬか恋問」を発見したのでそこで休憩します。

釧路、根室に近づいてきたこともあってかカニなどの海産物の取り扱いが目立ちます。

 

買って食べたら美味しいのでしょうけど、自転車旅だとなかなか(^^;)

白い恋人ソフトクリーム

そのかわりといってはなんですが、ソフトクリームを食べました。

ここで食べたのは白い恋人ソフトクリームです。濃厚ですねえ。

 

カニのデパート金橋水産

しばらく休憩したのち走り出すと、カニのデパートなる看板が。

なんというか…さすが北海道、豪快ですね。

釧路の街の近く

釧路が近づいてきました。大きな橋を渡って街に入るのですが、橋を降りるときの歩道が曲者です。とってつけたような中央の自転車の通り道に重量のある旅仕様自転車を通すのは骨が折れます。

軽い自転車ならなんてことないのですが…。

釧路駅周辺に到着

釧路駅前

釧路の駅前に到着しました。

この栄えている感じは帯広以来ですかねえ。朝見かけた電車の線路はここに繋がっているんですね。

この街ではゆっくり買い出しや調べものをしたかったので、ホテル泊をすることにしました。予約は大洗に向かうときと同じで楽天トラベル経由です。

>>北海道への旅行なら楽天トラベル

自転車の修理

実はここに来る途中、ボトルケージホルダーが割れてしまいました。

ペットボトルを支える部分が破損して、走行中ガタガタとうるさいので思い切って交換することにします。

幸い釧路の街にはイオンがあって、その中に大きな自転車屋があるとのことでしたのでそこに向かいます。

釧路のイオン

夜になってしまいましたがイオンに到着しました。

田舎のイオンは駐車場が大きいと聞いていましたが規格外の大きさで驚きました。笑

自転車屋の店員さんが優しくてあれこれボトルケージのことについてあれこれ教えてくれました。ありがとうございます!

せっかくなので専用ボトルも購入することに。ボトルケージホルダーはブラックバーン スリック ブラックを、専用ボトルはタイオガ サーモ ボトル 650cc シルバーを購入しました。

詳しい内容については以下をご覧下さい。

ボトルケージ、サーモボトルアイキャッチ画像
ボトルケージとサーモボトルを新調したら快適になった!【旅先】北海道海岸線一周中にボトルケージが破損するトラブルが発生。ボトルケージの再購入にあわせてサーモボトルも初購入。サーモボトルは初体験でしが保冷性能、飲みやすさなど想像以上の使い勝手の良さに驚きます。このページでは私の使用するボトルケージとサーモボトルについて紹介しています。...

夜の釧路の街を進むとラーメン屋が…

釧路の街のラーメン屋

帰り道、道を一本間違えたと思うのですが、突然目の前にラーメン屋さんが…。

北海道来てから落ち着いてラーメン屋とか行けてなかったんですよね。せっかく見つけたので入ることにしました。

釧路の街のラーメン屋メニュー

良心的な価格設定だと思いませんか?最近のラーメンって平気で1,000円超えたりして、ちょっと値段高すぎかなーって思っています。

シンプルなものが一番好きです。それと個人的におでんが一緒に売られているのも点数高かった。笑

醤油ラーメン

今回は醤油ラーメンを頼みました。シンプルで美味しかったなー!

海沿いということもあってか、外が結構寒かったので余計に美味しく感じましたね。

この後ホテルに戻って購入したパーツを取り付けたり、今後の進路について調べたりして就寝しました。

8日目まとめ

北海道8日目終了

北海道8日目 90.48km走行(積算距離:439.15km) / 全行程10日目(567.18km)

浦幌町から釧路までを走りました。

苫小牧から道央を駆け抜けて、ようやく大きな街に出てきた感じですね。

釧路に到着してきりがよいので、道央編は今回をもって終了としたいと思います。次回からは新章の道東編を開始する予定です。

道央編は想像していたより濃いものとなりました。

正直なところ、えりも岬以外は見どころ少ないかな…?と思いながら苫小牧を出発したのですが、人の出会いと別れの繰り返しが多くて、道央の思い出に花を添えてくれたと思います。

旅は観光名所巡りだけでなく、人との出会いも知見を広め、自分の成長を促してくれるなと学びました。この先の出会いにも期待したいです。

さて、今後ですが釧路を出発したらまず根室を目指します。その後日本最東端の地である納沙布岬に進んでいく形です。その後は北上ですね。

非日常の世界へ…