サイクリング

【北海道一周 道央編1】北海道上陸!はじめての出会いと再会【苫小牧→むかわ】

北海道一周道央編1アイキャッチ画像

『北海道海岸線一周(3) 道央編1 -苫小牧からむかわへ-』

ー前回までのあらすじ(前回は大洗港からフェリーに揺られて苫小牧港へ

北海道を目指して東京を発しました。

自走で無事に大洗フェリーターミナルに到着し、船が出港しました。長い時間の船旅ははじめてで(約18時間)想像がつきませんでしたが、船酔いなどトラブルもなく苫小牧に向かいます。

フェリー内では自転車乗りの方2名とも仲良くなり、ともに北海道の地を踏みます。

「また会えるかもしれませんね!」

そう声を掛け合いながら苫小牧で別れました―――。

3日目続き…右回りで走ることにした

北海道1日目(0km) / 全行程3日目(128.03km)

引き続き苫小牧港から。前回の記事の北海道をどちら側から回るかという問題、自分は右回り(反時計回り)を目指そうと思います。

北海道海岸線一周攻略図

さて、攻略地域別に色分けをしてみました。苫小牧から反時計回りということで、まずは黄色の道央海岸線を攻めていきます。

反時計回りにした理由は、オホーツク海側の寒さが気になったためです。オホーツク海側はお盆あたりから冷えるらしいと聞いていました。

旅に不慣れな私は途中でマシントラブルを起こして立ち往生してしまう可能性があります。そのためオホーツク側は早めに到達できるように、反時計回りのルート設定をすることにしました。

このルートを走行するとなると、釧路までは大きな街がありません。ちょっとばかし不安ではありますがまあ何とかなるでしょう!

そういうわけでまずは苫小牧港から東側に進みます。

見たことあるコンビニが…

苫小牧のセイコーマート

そういえば、苫小牧の街に入るとまずセイコーマートが目に入りました。

セイコーマートは食べ物類がなにかと安くて旅人に重宝がられると前評判は聞いていました。これからお世話になることも多そうです。

今日はフェリーの上で朝、昼食とたらふく食べているので、非常食用のおにぎりを1つだけ購入しました。そして意味もなくポイントカードを作ります。笑

これからセイコーマートで購入した食べ物の写真が次々と出てきますが、1食分のパスタが100円など、本当に安いなと感じました。種類もナポリタン、カルボナーラ…って何種類もあるのでこれだけ食べ続けても飽きなさそうです。

今後少しずつ写真出していきます。

早速スマホP-01Dがやらかした

東京から大洗にいくまで既に怪しかったスマホ(P-01D)の調子ですが(※東京大洗編参照)このただっ広い道をナビさせようと起動すると、以前にも増して挙動がかしい。

再起動を繰り返すだけならまだしも、マップを開くとGPSのエラーがどうたらと出て使えない始末(^^;)

なんだか北海道一周には耐えられそうもありません。東京、大洗間のトラブルでもだいぶイライラしていたので、思い切って使用を中止し考え方を変えることに。

まず(1)北海道は紙地図で進むこと、そして(2)分からないときは人に聞くことにしました。

北海道の紙地図として使用したのはツーリングマップル 北海道です。

それと一応wi-fi式のiPadは持っていたので、調べものはwi-fi環境がある場所でまとめて行うとしました。

どうせ海岸線一周すれば苫小牧に帰ってきますから、あとは野となれ山となれ。

奇妙な出会い

北海道の道について

セイコーマートを後にして永遠と続く道路を走ります。

北海道の側道は広いですねえ。ただ、広いから走りやすいかというと、それは別問題。除雪車が通ったために道路が削れていたり、整備されていなかったりして道によりけりといった感じがします。

ただ、都内に比べると車の数が少ないですから、余裕をもって走行できる道路が多いかなという印象です(※函館周辺は多かった)

さて、海岸線に出るために、むかわを目指していたときのこと…。

「Hi!△◎□~(日本語でない)」

後ろの方から謎の言語で声をかけられました。

いや、どう考えても英語なのですが、ここは日本で私は自転車走行中。状況がのみ込めずに後ろを振り向くと外国人自転車乗りの方でした。ご老人といっても差し支えないくらい年を召されています。

「俺も今日新千歳からきたんだ!」

どうも各国を自転車で走り回っているオーストラリア人の旅人のようで、彼も今日から北海道編のようです。

「どこに行くつもりなの?」

並走しながら会話を続けます。

「その日その日で適当さ!!HAHAHAHAHA!!!」

テレビとかでよく見るワイルドな外人パターンだ(^^;)

「君はどうするんだい?」

そう聞かれたので

「海岸線を回ろうと思っているよ」

と答えると

「オッケー!私もついていこう!!」

携帯壊れたあとでやけくそ感が増していたので、こちらも野となれ山となれ…。笑

この会話の直後、有料道路らしき道路に全速力で突っ込もうとするなど、なかなかクレイジーな人です。

むかわに向けて走る

お昼過ぎに北海道に降り立ったので、この日は多少進んだらそれでよしとしようと思っていました。

一緒に走っているオーストラリア人の人に「どこまで進む?」って聞くと

「夕方になったらそこで就寝さ」

野生児だなあ…(^^;)

ひものを作っている過程

途中、雑貨屋さんのようなところで休憩していると干物がくるくる回っていました。

日高の方に向けて走るので、昆布を干しているところもみられるかもしれませんね。

自転車を走らせようかとしていると、遠くから外国人のカップルが2人組が。

「Hallo!△□◎※~~~~~~」

互いの会話が早すぎてついていけません。

どうもこのカップルもオーストラリアの人らしく、2人で北海道を回っているとのことでした。

夕方近かったので、近くで泊まれるところを探そうという話になり、オーストラリア人3日本人1の謎の集団が形成されました。

一番最初に出会ったご老人の方は、何を言っているのか分かるのですが、カップル2人組の言葉がどうしても理解できず、手振り身振りとノリで何とかします。

方言とかなまりがあるのかな…?こういうとき誰とでもペラペラに話せたら楽しいでしょうね~~~~。

奇妙な4人組は北海道を南下し、むかわに着いたところで夕方を迎えました。

外国人3人と行動する

むかわのスーパーで夜ご飯を購入。

むかわに来るまでに地元の方と何人かお話する機会があったのですが、「○○ってキャンプ場行こうかなって思うんですけど」っていうと、

「いや、そこまで行かなくてもそこら辺でテント張れや」とか「スーパー、コンビニ近いし○○って場所で張っていいか電話して聞いてやるよ」

なんて東京では考えられない発言の数々…(^^;)

結局そのうちの1つで野宿をすることになりました。

(野宿は現地の方のご厚意による部分が大きいので、場所の掲載は考えていません。もしルート設定上、興味がある方がいましたらご連絡下さい)

北海道ではじめてテントを展開するのですがどきどきしますね。

奇跡の再会(1)

自転車(プレトレ)とテント

テントを張ってようやくゆっくり落ち着いていると…

フェリーで一緒だった道の駅スタンプラリー制覇を目指している方とばったり遭遇!

まさかこの広大な大地でもう一度会えるとは…!

話を聞いてみると道の駅を巡りながらむかわの街に着かれたようです。同じ場所でテントを張ることになりました。心強い!

各々食事を済ませた後で、最初に出会った外国人の方とスタンプラリーの方と3人で雑談をします。

外国人の方と一緒にスーパーで買ったウイスキーを3人で飲みました。オーストラリアは物価が高いから、日本はウイスキーが安く買えて羨ましいと言っていたのが印象的でした。

ちなみに3人で700mLの瓶が空になったので、結構ペースが早かった気が(^^;)

雑談のなかで、スタンプラリーの方はえりも岬の方に向かうとのことだったので、(私がついていける限り)一緒に向かうことにして就寝しました。

まとめ

北海道1日目終了

北海道1日目 38.77km(積算距離:38.77km) / 全行程3日目(168.8km) 終了

苫小牧を発して、ナビ用のスマホが半壊し、外国人の方に遭遇し、フェリーで出会った方に再会する。

北海道初日からなかなか濃いですね。走った距離はたったサイクルコンピュータによると38.77kmでした。

この最後のまとめの欄で、走った部分を着色した地図を載せていこうと思います。地名だけ出されても分からないですよね(^^;)

なんとなくでも、ここら辺走ったんだーと感じてもらえれば嬉しいです。

非日常の世界へ…