パーツ交換

【キーキー】音鳴り改善を期待してブレーキシューを交換【キーキー】

ブレーキパッドの画像

ママチャリのようなクロスバイクのような自転車、『プレシジョントレッキング(通称:プレトレ)』に乗っています。

購入当初からの悩みだったのですが、プレトレのブレーキってキーキー音が鳴るんですよ。

はじめの頃は何度かあさひのお店に持ち込んで調整してもらっていました。でも、それで改善されたのかというと…(^^;)

しばらくして自分で自転車を触るようになったのですが、ブレーキシューの角度だったりブレーキ本体のちょっとした位置だったりで音の感じが変わることが分かりました。

でも、どう調整してもキーキーうるさくて改善されません。

こういうものなのかな…と思いつつ、ブレーキシューの交換で音鳴りが改善されることがあるという話を聞いたので、今回はブレーキシューを自分で交換してみることにしました。

音鳴り改善を期待してブレーキシューを交換

早速、交換作業を行った

今回、購入した物はSHIMANO M70T4という製品です。

自転車のパーツはシマノ製品を選んでおけば、間違いなさそうな感じがします。特にブレーキパーツは命に係わりますから、冒険せずに右へ倣えしました。

以前ママチャリのブレーキシューを交換した経験があるので、作業方法はそのときと同じようにしました。

取り付けは六角レンチを使用します。古いブレーキシュー(テクトロ製のVブレーキについたメーカー不明のもの)を外し、今回購入したSHIMANO M70T4を取り付けます。

ブレーキシューがうまくはまらない時は、ブレーキ本体を緩めてタイヤに干渉しないようにバランスをとるのですが…。

初期装備のテクトロのVブレーキ本体、調整ネジを回してもうまく調整できない。

ブレーキの片効き調整をするとき、調整ネジを1/4、1/8ずつなど少しずつ狭めながら回して整えていくのですが、これが何ともうまくいかない。

初期装備されたブレーキ本体の調整ネジは、あとこれだけ回せばちょうどいいだろうというところで強くききすぎたり弱すぎたりしてしっくりこないんです。調整にとにかく時間がかかって疲れます。

できる限りの妥協設定で落ち着かせて一応の完成としました。私の腕の悪さもあるでしょうが、ブレーキ本体は交換検討の余地があると感じます。

まとめ

試走の感想は良い感じ!

調整ネジの設定に苦労しつつも、無事に取り付けができました。

試走してみると、以前悩んでいたブレーキ時の音がしません。音鳴りの原因の一つはブレーキシューの性能で、交換で改善されることがあるといえそうです。

ただ、雨などの悪天候時だとたまに音鳴りすることがありました

私の作業精度の甘さもあるのだとは思いますが、どんな環境条件下でも音鳴りがしないという完璧な性能は求めない方がよさそうです。

それでも今回購入したシマノのブレーキシューは以前使用していたものに比べて、満足のいくものでした。このときの交換は実験的な意味合いが強かったので、1セットの購入だけでしたが、のちにもう1セット購入しています。

たかがブレーキシュー、されどブレーキシュー。細かな部品1つの変更が馬鹿にならないことを身を持って学んだのでした。

プレシジョントレッキングの改良とその変遷――