自転車

自転車用途のスマホは専用ホルダーでがっちり固定【私の失敗談あり】

自転車用スマホホルダーの画像-01

前回【格安SIM】自転車用スマホのSIMカードにDTIを選んだと、前々回【スマホ名機】P-01Dは私を夢中にさせた【自転車用に一台追加】の2回の記事でスマートフォンを入手、運用するまでのことを記事にしました。

その後、私はスマホを自転車趣味で運用するにあたり、カゴに置いておくバッグの中に入れてその都度、袋から出して使用していました。止まった時にしか使用しないので構わないのですが…。

そんなとき路上でハンドルにスマホを付けている方を見かけました。なにあれ、かっこいいー!笑

感動をそのままに、帰宅したのち即調べ、購入しました。今回はその時のスマートフォンホルダーに関する内容です。

この記事の内容(カゴチャリ貢献度:★★☆☆☆)

  • スマホホルダー:Omgar 自転車ホルダー
  • 他のアイテムと組み合わせさらに便利に!
  • 私の環境では不完全燃焼に終わった

スマホホルダー:Omgar 自転車ホルダー

私が購入したスマホホルダーはOmgarの自転車ホルダーなのですが、現在販売されていないようです。生産終了したのかな…?でも、SUTEKUS STK-SH013TaoTronics TT-SH013から色違いで同じものが出ているようです。

自転車用スマホホルダー取り付けの画像-02   自転車用スマホホルダー取り付けの画像-02

このスマホホルダーは大きく分けて2つの部品から構成されています。まず1つ目はスマホを固定する部品、そして2つ目はハンドルに固定する台座の部品です。

2つの部品をくっ付けるのはピンクの丸で囲った部分です。
4つの穴にはめて少し押し上げると、カチッと音がして固定が完了します。

それではまずハンドルに台座を固定してみます。

自転車用スマホホルダー台座取り付けの画像-01   自転車用スマホホルダー台座取り付けの画像-02

このスマホホルダーはハンドルに取り付けることで使用します。レバー(緑丸部分)を回すことで締めたり(時計回り)、緩めたり(反時計回り)することができます。

ある程度までハンドルに締めつけたら、レバー部分を倒すことでさらに圧がかかります。こうするとしっかりと固定されます。

自転車用スマホホルダーにスマホを取り付ける画像-01   自転車用スマホホルダーにスマホを取り付ける画像-02

スマホ本体を取り付ける部品ですが、側面に爪をひっかけるようなところがあります。ここを開けるとスマホが下に落ちないようにする台座が出現します。台座を出したら、次は反対側面(ピンクの矢印)にあるボタンを押すと…。

自転車用スマホホルダーにスマホを取り付ける画像-03   自転車用スマホホルダーにスマホを取り付ける画像-04

左右の固定具が自動で広がります。(無駄にかっこいい)
スマホを置き固定するときは手動です。(1)スマホの足場を出し(2)左右の固定具でがっちり固定しましょう。完成したら先ほど作った台座にスマホを固定します。

自転車用スマホホルダー台座取り付けの画像-03   自転車用スマホホルダー台座取り付けの画像-04

日が強くて画面の反射がどうにもならなかったので紙を貼りつけました(^^;)

スマホを固定した部品をハンドルに取り付けた台座に取り付けます。カチッといったら固定されています。次に台座の方にゴムが付いているので、スマホの四隅に伸ばし固定します。

これでスマホとスマホを取り付けた部品、両方とも台座に強く押さえつけられる状態となり、より動かない駄目押しの状態となります。単純ですがよく出来ていますね。

他のアイテムと組み合わせさらに便利に!

トップチューブバッグ+モバイルバッテリーで充電走行

ここからはスマホホルダー活用編です。

トップチューブバッグ説明の画像-01   トップチューブバッグ説明の画像-02
トップチューブに装着するバッグ + モバイルバッテリーの組み合わせで充電を行いながら走行を行います。トップチューブバッグは設置場所の都合でサイズに制限があるので、モバイルバッテリーのサイズもよく調べるようにします。

トップチューブバッグ説明の画像-03   トップチューブバッグ説明の画像-04

一例としてドイター サイクル用アクセサリー エナジーバックAnker PowerCore 10000の組み合わせならば、はみ出ることなくきちんと収納することが可能です。写真のようにチャックをギリギリまで閉めてしまえば外に飛び出す心配もありません。

スマホホルダ配線画像-01   スマホホルダ配線画像-02

トップチューブバッグからホルダまでの配線ですが、スマホを固定する横の支えの中にUSBケーブルを入れてしまえば、配線が暴れることがありません。同様に四隅の角の1つにもケーブルを這わせます。

配線をきつきつにすると思わぬ自転車事故の元なので、余裕を持たせそのバランスは個人できちんと調整を行って下さい。

トップチューブバッグ説明の画像-06

完成図はこのような形になります。スマホの充電差込口が下部の場合はトップチューブバックから這わせると綺麗にまとまりそうです。

 

 

トップチューブバッグ説明の画像-05

ちなみにですが、モバイルバッテリーの他にあめ玉が10個くらいは収納できます。突然のエネルギー切れや夏場の塩分補給用に普段から入れておく癖があるとよいですね(^^)

 

 

表地:ナイロン
ポケットの数:1(外側1/内側0)
重量:60g
 

カゴチャリはカゴから充電ケーブルを伸ばす

スマホホルダ+リュック説明の画像

同様にカゴチャリならばカゴからモバイルバッテリーを這わせることも可能です。スマホの上部に充電部分がある場合は、カゴから伸ばした方がスマートですね。私の場合はカゴに乗せたリュックにモバイルバッテリーを入れておきました。

 

リュックならばトップチューブバッグよりも沢山の荷物を収納できるので、サイズが大きめのバッテリーを収納しても問題になりません。

サイズの大きいバッテリーは重いしかさばりはします。しかし、長旅の場合など所持するケースもあるかと思います。活用方法の1つとしてぜひ。

10000mAh以上 世界最小&最軽量180g(18年7月時点)
iPhone / iPad /Android各種対応
付属:Micro USBケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書
 

私の環境では不完全燃焼に終わった

スマホ内臓のバッテリ問題

私のスマホP-01Dは、裏蓋を開けるとバッテリが簡単に外れます。これが自転車用途には良くありませんでした。

バッテリが簡単に外れるということは、走行中の振動などでも簡単に接触不良が発生し、わりと簡単に電源が落ちます。一昔前のCD・MDプレーヤーかよって…(^^;)

iPhoneのようにバッテリがきちんと内臓されているものなら、振動など問題にならないでしょう。ここまではちょっと考えが及びませんでしたね。不覚です。

接続端子に気をつけて

USBケーブル挿しっ放しはずぼらな私の性格には大変便利な代物です。しかし、変な力が加わるなど不慮の事故で接触不良を引き起こしやすいんじゃないかな?と不安を残します。

私の場合はUSBケーブルの端子が先におかしくなったので、大きな問題にはなりませんでした。でも、これがスマホ本体の端子故障が起きると想定するとちょっと考えものですね。

常時接続ではなく、充電残量50%切ったら挿しこむなどルールを決めて使用すると良いかもしれません。

故障が安いUSBケーブルの方でよかった…といってもケーブルだって100円以上はするんですけどね(T-T)

まとめ

私の場合は、スマホ本体の内部構造上の問題で、不完全燃焼な結果となりました。

大半の方、スマホは大丈夫だとは思いますが、ご自身のスマホの形状を理解されてから購入されると間違いがないと思います。

スマホに道案内させる、サイコンの代わりにすると考えていらっしゃる方には必須アイテムといえると思います。

しかし便利な時代ですね。ハンドルに付けたスマホから音声案内で次はあっちですなんて言われたら、紙地図書いて進んでいる私なんてとてもじゃないですが敵いません。笑

全2色(オレンジ、ブラック)
対応:幅5cm~10cmのデバイス
 
プレシジョントレッキングの改良とその変遷――