自転車

防水グローブ(手袋)を自転車用途で購入したら便利だった

ONYONE-レイングローブ-アイキャッチ画像

主に自転車用途で使用する目的で防水グローブを購入しました。

私が自転車に乗る際は、基本的にサイクルグローブをしています(夏場のママチャリで近距離の場合は省略することもあり)

思わぬ転倒時の手の保護、それと手の平に厚めのクッションが入っているので、手の痛み防止に非常に役立つんですよ。

しかし、私の所持しているグローブは水に弱く、雨の日はすぐに濡れてしまいます。自宅から出る際に分かっていればまだしも、出先で降られるとどうしようもなくビショビショになるか、素手で行動するよりありません。

過去に自転車で北海道一周をした際にも雨には苦しめられ、その時はキッチン用のゴム手袋をして走っていたこともありました。

こんな経験を経て、今回ひょんなことから防水をうたうグローブを入手したので記事にしてみたいと思いました。寒さ+雨+安全対策を同時に実現!

この記事の内容

  • ○○○にて気になるレイングローブに出会う
  • 実際の使用感(良い点・悪い点)

自転車用途で防水グローブを購入

釣具屋で気になるレイングローブに突然出会った

ONYONE-レイングローブ(ODA97080)

今回、購入したのはONYONE レイングローブ(ODA97080) チャコール Lです。ただ、この製品は自転車用ではないと思うんですよ。そういうのもこの製品を見つけたのは実は釣具屋なんです。

2020年の新年セールでふらっと釣り具を覗きに行った時、衣類のコーナーに置いてあったのを発見しました。5800円が半額の2900円になっていたので、まあ物は試しにと購入してみました(それでも安くはない感覚だけど)

ONYONE レイングローブ(ODA97080)を試す

ONYONEというメーカーはスキー・スノーボード用品も作っているんですよね。私自身もスキーをやるので、うっすら認識がありました。さて、まずは着け心地がどのようかというと…

ONYONE-レイングローブ-使用感01  ONYONE-レイングローブ-使用感02

ゴワゴワすることなくいい感じ。手袋が膨らんでかさばりが気になるということがなさそうなので、自転車用途でも使用出来そうでした。

ONYONE レイングローブ(ODA97080)の細かな点

ONYONE-レイングローブ-ラベル表  ONYONE-レイングローブ-ラベル裏

ラベルには防水効果(+レイングローブであること)がうたわれている表示があります。スキー用品を扱っているメーカーという意味でも、防水性能は期待できるかな?なんて思ったんですよ。

ONYONE-レイングローブ(ODA97080)は生地が薄い

少し細かく見ていくと、まず生地の薄さが気に入りました。自転車はブレーキやシフターなどの細かい作業をするので、あまり分厚いと操作がし難いんですよね。特に私はSTIレバーを使うので薄いものを求めていました。

このレイングローブは裏がメッシュのような素材になっていて、とても薄手なんですよ。

ONYONE-レイングローブとイントロ-Stinger1の比較

それともう一点、手のひらの母指球のところに厚手のクッションが入っているところが最高です。

長時間ハンドルを握っていると手のひらが痛くなるのは経験済みで、普段使いのグローブ(intro Stinger1 / 写真右)には厚手のクッションが多数箇所入っています。これが手の痛み対策としてとても良い感じ。

ただ、雨には対応していないのでそこが困りものでした。雨の日はもっぱら素手かキッチン用ゴム手袋をします。でも、クッションがないとやっぱい痛い!この製品はその点ばっちりでした◎

サイズ感で迷うのは相変わらず M or L問題

衣類のサイズ問題は難しいですよね。私もヘルメット、服、靴など毎回悩まされます。今回のレイングローブはMだとちょっとあたるけどぴったり気味、Lだと少し爪先に余裕があってハンドル操作がやり辛いかな?という状況でした。

結論からいって、私はLサイズを購入しました。長時間使用することを想定すると、あたるというのは大きなマイナスポイントというのを経験で知っていたからです。

レイングローブサイズ問題

実際それで正解でした。自転車用途に限るのかもしれませんが、ハンドルバーに手のひらがあたると、クッションがストッパーになってグローブの中の手だけが前に押されます。すると手とグローブがジャストフィットになるんですよ。これは嬉しい誤算でした。

レイングローブを装備してもSTIレバーは操作できた

私の所有する旧式STIレバーでもどこにあたることもなく使用できています。旧式STIの一部はシフトワイヤーが横から触角みたいに伸びるので、厚手の手袋が辛いんですよ。

ドロップハンドル改良完成図
前カゴ付プレトレにドロップハンドルとSTIレバーを装備【作業例有】私の自転車(プレトレ)にドロップハンドルとSTIレバーを取り付けたときの記録です。結論からいうと取り付けはできました。ただ、高価な自転車のスパスパと決まる”あの感じ”は期待しない方がよいと思います。それでも変速はしますし、満足な出来栄えです。...

サイズ感で迷ったら、やっぱり大きい方が良さそうです。

欠点もある

この製品は完全防水ではありません。そのため大雨のなか1,2時間ほど走っていたら、さすがにしみてきてしまいました。降雨があると事前に分かっているならば防水スプレーを吹きかけた方が良さそうです。

ちなみに家の中で乾燥させたら、わりと早く乾きました。生地が薄いから乾きやすいのかな。近距離使用なら使いやすいですが、長旅想定ならば防水性能が高い物を選んだ方がいいかもしれません。

まとめ

以上、自転車用途で防水グローブを購入した話でした。

いつか雨用のグローブ欲しいなあと思っていたのですが、なかなか行動に移せていなかったです。今回は本当に良い機会を貰ったと思います。

私は近所に買い物が行動のメインなので、このグローブさえあれば雨の日は事足りてしまいます。防寒用途としても優秀なので、購入から冬の間はずっとこのグローブを愛用しています。

大雨+長時間では浸水してしまいましたが、普段なら大雨のなか長時間というケースが稀なので、その点は気にならないですね。長旅するときは考えた方が良いかも…?

ともあれ、雨用グローブは中々良いものだなと味をしめた次第です。笑

プレシジョントレッキングの改良とその変遷――