書籍

命の恩人のツーリングマップルを紹介させてほしい【北海道版】

ツーリングマップル北海道版アイキャッチ画像

今回は珍しく書籍の話です。その名も「ツーリングマップル」というのですが、国内でバイク、自転車旅をされる方は聞いたことがあったり、実際に使用される方も多いのではないでしょうか。

この書籍は名前の通り、ツーリングに特化した情報が幅広く掲載されている地図です。バイク乗り方向けの情報が中心ではありますが、自転車乗りでも十分有効に活用することができます。

私自身も北海道の海岸線一周をした際、この本に沢山助けられました。そこで自分の経験を踏まえながら紹介してみたいと思います。

命の恩人ツーリングマップル

私がツーリングマップルに深く感謝する理由

―旅は普段考えにくいことが起きるというもの

現在社会において、携帯電話(スマホ)が深く浸透していますよね。

電話としての機能はもちろんのこと、ネットに繋がり、地図がみられ、天気が分かります。最近はサイコンの代わりにもなるようで…(初めて聞いたとき衝撃でした)

スマホ一台持っていたら他のものいらないじゃ~ん!

そう考えがちです。しかし…

 

そんな便利な端末が旅の初日に故障したとしたら…?

 

…はい、私の話です(T-T)笑

 

海岸線一週は単純だけど、細かい道もあるにはあった

そんな訳で北海道一周の初っ端から携帯が故障した私ですが、携帯はそのままに旅を続行します。

理由として元々スマホに依存していなかったこと、海岸線一周は海沿いを一回りしたら帰ってこられるしまあ何とかなるか…と変な悟りを開いたことなどがあったからなのですが…

ツーリングマップル 北海道を所持していたからというのも理由として大きかった気がします。

結論からいうとツーリングマップルとキャンプ場ガイドの本2冊で海岸線一周を果たすことができました。

改めてツーリングマップルを紹介

ツーリングマップル北海道版

ツーリングマップルは主にバイク乗りの方に向けた地図です。北海道一周中に出会ったライダーさんは大体持っていた気がします(気のせいかな?)

普通の地図に加えて、その地図のなかにバイク乗りの方に向けた有益な情報が書き加えられている点がポイントでしょう。

例えば、この先の道は○kmダートだよ!この海沿いの道は強風注意だよ!なんて情報が書いてあるわけです。なかには現地の美味しい食べ物屋さん情報などもあって、ただスマホで地図を見るだけでは知りえない情報が入手できます。

その中から実際にこの情報あって助かったー!という点をいくつかあげてみます。

1.コンビニ情報

北海道はとにかく広大です。町から町の移動距離が非常に長いので、一度コンビニを逃すとしばらく見つからない…なんてこともしばしば。

ツーリングマップルにはコンビニ所在情報が掲載されているので、おおまかでもどれくらい先にコンビニがあるか把握することができます。

旅の道中は普段考えられないトラブルが起きがちなので、本一冊開けば情報が手に入る環境を持っていれば慌てることが少なくなります(アナログ人間の自分だけ?)

2.キャンプ場やライダーハウス情報が載っている

泊まるところどうしようかなという時にある程度参考にすることが出来ます。当時の私はーというキャンプ場ガイドと併用で行動していましたが、この2冊でまかなうことができました。

今日泊まる地域まで大体何kmあるかという計算も手をかざせば大体は出来ますから、これも助かりました。アナログなものでして(^^;)

3.知らない観光名所が載っている

有名な観光名所や食べ物などはある程度分かりますが、細かい情報を全て知り尽くしている訳ではありません。ツーリングマップルには細かい観光名所の情報が掲載されていたので道中を楽しむ助けになりました。

夜テントの中でくつろいでいる時に「明日走る道は何があるかな…?」なんて本を眺めている時間が楽しかったですね。

スマホは電池を食いますから、充電環境が限られているとせかせかしてしまいませんか?(アナログ人間の自分だけ?)

まとめ

いつにも増して主観たっぷりの内容ですが、ツーリングマップルについてお送りしました。

スマホなどの電子製品に頼るか、書籍という紙媒体に頼るかは最終的には好みでしょう。どちらでも良いとは思います。ただ、電子製品は私のように思わぬトラブルがあるということだけはお伝えしておきたいです。

何かトラブルが発生した時に複数の方法を知っていると安心ですね。

最後にですが、上述の通りで私は寝る前にテントの中で地図を広げて明日はどこに行こうかなあ、これもいいなあなんてやっている時が最高に楽しかったりしました。紙は重いですが、電池を食いませんから、のんびりと楽しめるというのが良いところだと思います。

自分の旅の目的を考えたときに喧騒を離れて静かにしたいという気持ちがあったので、スマホ断ちをしたのは自分の場合正解だったと思います。ナイス故障!

非日常の世界へ…