自転車

4WAYネックウォーマーがサイクリング時に便利!【防寒】

4WAYネックウォーマー-アイキャッチ画像

12月ともなると寒いですね。自転車は風を切るので嫌になります。

特に首元を冷やすと体温がどんどん下がってしまい、それが続くと全身身震いする羽目になったりも…。

その対策として私は今までマフラーを使用していたのですが、先っちょがぶらぶらと垂れてしまい、いつかどこかに引っかけそうで怖いなあと感じていました。

先日、何かのおまけ?でもらったネックウォーマーを発見。試しにそれを使ってみたのですが、ぶらぶらは解消し自転車と相性がいいことを発見。ただ、生地が薄くてちょっと寒い(^^;)

そこで今回はもう少し暖かくて使いやすそうなネックウォーマーを探すことにしました。そのアイテムは意外な場所で見つかります…!

4WAYネックウォーマーが便利!

意外な場所で発見!Tsurinowa TW-267FN

Tsurinowa TW-267FN 4WAY-NECK-WARMER

今回購入したのはTsurinowa TW-267FN 4WAY NECK WARMER(ネックウォーマー)です。素材はポリエステル100%。

購入場所は釣具屋さんです。釣りの道具を見に行ったらこれがセール(1280→980円)になっているのをたまたま見つけて購入しました。

防波堤なんかでする冬の釣りはとにかく寒いですからねえ…。釣り具屋で防寒グッズが多数販売されているというのをすっかり忘れていました。たまには他の業界のアイテムも見てみるものですね。

4way-neck-warmer-外見

見た目はこんな感じ。オリーブ色(緑)を選んだのですが、落ち着いていて気に入っています。他にも白、黒、ネイビーもありました。手触りはもこもこしていてすごく温かそうです。外見だけをみると中もこういう感じなのかなと?見てみると…

4way-neck-warmer-内側が出てくる

中から黒いサラサラした生地が出てきます。この緑のモコモコと黒いサラサラの生地を上手く使って様々なスタイルで活用することができます。

以下ペットボトルを顔代わりにご紹介します。笑

多機能なネックウォーマーその形態について

4WAYネックウォーマーの使い方

ネックウォーマーに付いていたこの札が分かりやすいですね。先ほど紹介した外側の緑のもこもこと内側から出てくる黒い生地を部分を組み合わせると4通りの使い方が出来ますよということです。

本製品の使用用途のところに釣り、寒い日の作業、ウインタースポーツ、アウトドアなどと幅広い記載があったので、状況に応じて変化させると良さそう◎

その1.ネックウォーマーとして

4WAYネックウォーマー-ネックウォーマーとして

自転車乗りの最も基本的なスタイルになると思います。首を温めるだけでも効果は高いです。私は普段この状態で使用しています。

今まで使用していた生地の薄いネックウォーマーと違い、物凄く温かいです。マフラーと違って引っかける心配がないのも嬉しいですね。

その2.フェイスマスクとして

4WAYネックウォーマー-フェイスマスクとして

ネックウォーマーの状態から黒い生地を口元に持ってくるとフェイスマスクとして使用出来ます。ネックウォーマーだけでは顔が寒い場合に有効です。

自転車は前から風を受けますから、この仕様はありがたいですね。刺さるような冷気が顔にあたる真冬、それと坂道(峠道)などで大活躍しそうです。

その3.フードとして

4WAYネックウォーマー-フードとして

黒い部分を全て出して頭まで被ることでフードとして使用できます。これはまた試していませんが、暖かさという点では一番ではないでしょうか。

ただ耳を覆うことになるので、後ろから来る車に気付くのが遅くなったりはしないかな…。安全面では几帳面な性格なので少し気になるところではあります。

釣りの現場だったら最強でしょう!

その4.ワッチキャップとして

4WAYネックウォーマー-ワッチキャップとして

頭に被るこのスタイルは自転車乗りには関係ないですね(笑)自転車を置いて散策するときに使えるかな…?いやでも黒いの被ってフード状態にした方が暖かいか。。

>>ネックウォーマーをAmazonで探す!

洗濯方法

最後に製品の洗濯方法について。

この製品は手洗いでの洗濯が可能のようです。洗剤は中性洗剤を使用し、漂白剤や漂白剤入りの洗剤はNGとのこと。熱湯、乾燥機も避けた方が良さそう。

洗濯の際は30℃程度のぬるま湯で軽い押し洗いを推奨されています。仕上げに柔軟剤を使用すると表面の毛並みが整うようです。

仕上げは絞らずに手押しで脱水して陰干しすればOK。定期的に洗うものなので簡単なのは助かりますね。

まとめ

以上、4WAYネックウォーマーを入手した話でした。

最近は色々な機能を持った製品が出ているんですね。それと重量が軽い!重いと凝ったりしますから…。

自転車用品店に限らず、アウトドア用品店や釣具屋などちょこちょこ見ていると面白いものが見つかったりします。近くにあればぜひぜひ。

自転車用の防寒具もあるとは思うのですが、私は私生活でも使いまわしたい派なので、デザインが気に入ったものを購入するようにしています。

あるのとないのとでは大違いですから、ネックウォーマーは強くおすすめできます!

>>ネックウォーマーをAmazonで探す!
プレシジョントレッキングの改良とその変遷――