クロスカブ110(JA45)

クロスカブのシートにメッシュカバーを装備【暑さ・蒸れ対策】

クロスカブにメッシュカバーを装備アイキャッチ画像

クロスカブ110(JA45)のシートにメッシュカバーを装備しました。

クロスカブは2020年7月頃に購入して、初めて迎えた季節が夏でした。オートバイは真夏が苦しいとは聞いていましたが、本当にその通りで炎天下の過酷さに苦しめられました。

当時、暑さ対策として講じたのはフルメッシュジャケットの購入です。風が通って上半身は良い感じでした。ただ、意外としんどかったのはシートまわりです。

直射日光をたくさん浴びたシートってかなり熱くなるんですよね。それに純正シートは熱の逃げ場がなくて、長時間座っていると蒸れてくるのが気になりました。

今年はシートまわりの対策もしっかりしようということで、メッシュカバーを購入してみました。

クロスカブ110のシートにメッシュカバーを装備

武川 エアフローシートカバー ブラック Sサイズを購入

クロスカブ110(JA45)純正シート

まずこちらがクロスカブ110(JA45)の純正シートです。

シートの乗り心地評価は様々あるみたいですが、私はふかふかしていて気に入っています。このふかふかは普段乗っている自転車と比べてなのですが、クロスカブはお尻が痛くなりません。

ただ、夏場の蒸れはどうにも気になりました。シートの素材的に熱がこもりやすく、風抜けも悪いと感じました。

自転車と比べると、オートバイはパンツが厚手でくわえてプロテクターなども付いているので、余計に蒸れる印象ですね。

スペシャルパーツ武川-0エアフローシートカバー-汎用/Sサイズ

この暑さと蒸れの対策として今回用意したのは、スペシャルパーツ武川 エアフローシートカバー 汎用/Sサイズ 09-11-0099です。

この手の暑さ・蒸れ対策をメッシュ素材で解決する方法は自転車でも知られています。そのイメージがぼんやりとあったので、今回はすぐに見つけることができました。

ちなみにこの製品は4種類のサイズが展開されていますが、クロスカブ110(JA45)純正シートにはSサイズがぴったりです。

クロスカブのシートにぴったりの装着感

武川エアフローシートカバーSサイズをクロスカブに装着

実際にクロスカブに装備してみるとぴったりのサイズ感でした。ただかぶせるだけなのでとっても簡単です。

お尻の接地するメッシュ部分はかなりぶ厚く出来ているので、クッション性が確保されていて気に入っています◎

武川エアフローシートカバーSサイズの質感

ちなみにお尻の接地面と側面で素材感が違います。接地面は立体メッシュ、側面は伸縮メッシュという名前が付いているみたいです。

上述の通りで、接地面の立体メッシュはぶ厚く出来ているので座っていてもクッション性、風抜け具合が良いです。

側面の伸縮メッシュは薄い生地でペラペラとしているものの、しっかりメッシュ構造なので側面からも風や熱が抜けていくのがいいですね。

武川エアフローシートカバーSサイズのシート裏

シートの裏は脱落防止目的のベルクロテープ(マジックテープ)でとめられるようになっています。クロスカブはサイズ感ぴったりなので、なくても脱落することはないんじゃないかな。

ちなみにこの紐の部分、雨の日はどうかな?と思っています。大雨にでも降られると毛細管現象でメッシュ部分から紐へと伝ってきて、シート内部がしみてきてしまう気がします。

そもそも雨に濡れるとメッシュシートの生地自体が湿るでしょうから、雨の日は外した方がいいかもしれませんね。私のクロスカブはリアボックスを備えているので、降雨時は収納しようと思っています。

まとめ

以上、クロスカブのシートにメッシュカバーを装備した話でした。

簡単に装備できて効果が実感できるので気に入っています。着脱が簡単なので天候が変わりやすい山場や春、秋などの季節でも気軽に使えそうですね。

昨年はシートまわりの改善まで意識がまわりませんでしたが、今年は早めに用意できました。購入した春先(3月)だと少し涼しいくらいですが、夏場どうなるか楽しみです。

春のうちから少しずつ慣れて、本番の夏を向かえたらいいですね。夏を経験したら感想を追記してみたいと思います。

プレシジョントレッキングの改良とその変遷――